全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

白砂舞台に熱戦 ビーチアルティメット国際大会

白砂の上で熱戦を繰り広げる参加者(13日、白浜町の白良浜で)

 和歌山県白浜町の白良浜で13日、フライングディスク(FD)競技の一種「ビーチアルティメット」の国際大会の試合が始まった。日本を含む10カ国・地域から計40チームが参加し、16日まで熱戦を繰り広げる。

 大会は初開催の「アジア・オセアニア選手権」(世界FD連盟主催、紀伊民報など後援)。12日に白良浜で開会式があった。
 男子、女子、男女混合の3部門があり、予選リーグと決勝トーナメントで優勝を争う。日本FD協会などによると、40チームのうち日本からの参加は16チーム。期間中は、海外からの約370人を含め約700人が白浜に滞在するという。
 ニュージーランドのクラブチームの一員として参加している東京外国語大学4年の渡邊結子さん(23)は「白良浜に来るのは幼い時以来。こんなきれいなビーチがあるのかとびっくりした。チームとしては最後までポジティブに、個人としては5得点できるように頑張りたい」と話した。
 この種目は5人制のチームスポーツ。ディスクを落とさずにつなぎ、コート脇にあるエンドゾーンに運べば得点となる。白良浜では70メートル×25メートルのコート7面を設けた。
 日本FD協会の斉藤勇太専務理事(28)は「準備してきたことが形になり、多くの人が集まって熱気が生まれるのは素晴らしいこと。今大会だけで終わらず、何らかの大会を続けたい」と話した。

関連記事

豊川もりあげ隊が明石で田植え

 豊川市のNPO法人「豊川いなり寿司で豊川市をもりあげ隊」はこのほど、11月23、24両日にご当地グルメによるまちおこしの祭典「B-1グランプリin明石」が開催される兵庫県明石市で田植えを行った。米は...

紀伊民報社

300人がタイム競う 田辺で遠泳大会

 和歌山県田辺市の扇ケ浜海水浴場で16日、遠泳大会「第6回南紀田辺・扇ケ浜オープンウオータースイミング」(実行委員会主催、紀伊民報など後援)があった。約300人が参加した。  しかし、高波の影響...

竹島水族館で「わたし一肌脱ぎます」展

 脱皮をしたり、他の生物のために懸命になる水生生物をを紹介する企画展「わたし一肌脱ぎます」展が、蒲郡市竹島水族館で開かれている。魚やエビなど9種類を展示している。7月8日まで。  脱皮する生物で...

長野日報社

暗闇に舞うホタルの淡い光跡 辰野の松尾峡

蛍の名所として知られる、長野県辰野町の松尾峡(ほたる童謡公園)で、ゲンジボタルの乱舞が始まった。暗闇の中で淡い光跡を描いて幻想的な風景をつくり出し、訪れる人たちを魅了している。15日には恒例の...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク