全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

中札内に15日飲食施設オープン かぜのなかにわ

「かぜのなかにわ」をオープンする時安社長(中央)と東海林料理長(左)、二瓶チーフ

 せっけんや化粧品などを販売する「おすや」(中札内村東戸蔦、時安宏幸社長)は15日、村内の大通南3で、和食料理店「はなもえぎ」とカフェ「muguet(ミュゲ)」を併設した「かぜのなかにわ」をオープンする。カフェの開店は17日。時安社長(58)は「誰でもくつろげる場所をつくり、地域活性化につながれば」と話している。

 同社が取得した土地の利用方法を模索する中、「家族連れが食事できるところを」と飲食店に行き着いた。「かぜのなかにわ」には、「新しい人の流れを」との思いを込めた。

 和食料理店「はなもえぎ」は、昨年8月まで帯広市内の日本料理店「味処しょうじ」を営んでいた東海林篤さん(40)が料理長に就く。昼はそばや重ものなどの定食、夜は単品料理や酒類、コース料理などが楽しめる。席数は小上がりやテーブルの計37席。店名は、村をイメージする農村地帯や花の緑色に由来。東海林さんは「気兼ねなく立ち寄ってほしい」と話している。

 カフェは「muguet(ミュゲ)」の店名で、市内のカフェ店などに勤めていた二瓶真紀さん(41)がチーフを務める。提供するのは、コーヒーやスムージーなどのドリンク、ピラフやホットサンド、パフェなど。席数はテーブルとカウンターの16席。キッズルームや授乳室も完備。店名は、村の花「スズラン」を意味するフランス語に由来。二瓶さんは「どなたでも気軽に来てほしい」と話す。

 「かぜのなかにわ」では、おすやのせっけんや入浴剤の他、村内の作家による雑貨、帯広の雑貨店の小物なども並ぶ。

 「はなもえぎ」は、昼の部午前11時~午後2時、夜の部午後5時半~同9時、ラストオーダーは閉店30分前。第1・第3水曜定休、第2・第4・第5水曜は昼の部のみ営業。「ミュゲ」は、午前9時半~午後4時半、第1・第3水曜定休。問い合わせは共通で「かぜのなかにわ」(0155・67・0021)へ。

関連記事

盲導犬と共に暮らす多田野さん

豊橋LCゲストスピーチ例会  盲導犬を知ってもらう啓発活動と育成資金のための募金活動をしているボランティア団体「盲導犬ゼウスの会」の代表で、盲導犬「ゼウス」と生活している多田野正子さん(54...

紀伊民報社

熊野速玉大社の「御船祭」

 和歌山県新宮市の世界遺産・熊野速玉大社の例大祭「速玉祭」を締めくくる神事「御船祭」が16日に営まれ、観客の声援が飛ぶ中、大社近くの熊野川で9隻の早船による競漕(きょうそう)が繰り広げられた。 ...

荘内日報社

山形枝豆日本一産地化フォーラム

 山形枝豆日本一産地化フォーラム2019が16日、鶴岡市羽黒コミュニティセンターで開かれ、他産地の取り組みを学ぶ講演などを通じて大規模化とブランド化の両立について考えた。  日本一の枝豆産地化を目指...

むかわの秋の風物詩、シシャモのすだれ 浜風でうま味凝縮

 鵡川漁協が地域団体商標に登録し、全国的な知名度を誇る「鵡川ししゃも」のすだれ干しがむかわ町の加工各店でお目見えしている。今月1日に漁が始まり、翌日から町内各店前にずらり。うま味の凝縮を裏付ける...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク