全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

「納涼ビール電車」14日から運行

 豊橋の夏の風物詩「納涼ビール電車」(路面電車)が14日、豊橋鉄道の市内線で今季の運行を始める。冷たい生ビールを飲みながら、車窓からの街並みを眺められる。  今年で27周年を迎え、駅前電停から運動公園前まで往復9・4㌔、約1時間20分の宴を楽しめる。車体は青色を基調にビールジョッキが描かれたデザインが特徴で、車内も涼しげな飾り物で涼を演出している。  生ビールが飲み放題で、おつまみ弁当も用意。今年は、車内のじゃんけん大会の景品には、14日から発売する走る電車型キーホルダー「納涼ビール電車」(税込み1個800円)もある。車内や渥美線主要駅で販売もする。

 運行に先立ち、12日、試乗会があり、車内はジョッキを傾ける乗客の元気な「カンパ~イ」の声が響き渡った。  9月23日まで走り、7月17・20・21日と8月13~15日・25日、9月14・15日は運休、93日間運行する。昼便は土・日曜、祝日の午前11時57分発の1便で、毎日運行の夜便は午後6時発と同8時発の2便。  料金は税込みで貸切(定員28人)は9万1000円。個人が1人3400円。カラオケは歌い放題。ピザ(1枚1000円・税込み)、ヤマサちくわの「揚物詰め合わせ」(1個1000円・税込み)、割烹一平の「燻物(いぶしもん)」(同)も事前に注文できる。  乗車は予約制となり、6・7月分は8割が埋まり、8・9月分は7月3日から受付を始める。予約状況は豊橋鉄道のホームページで分かる。申し込みは専用電話(0532・53・2135)へ。

関連記事

平松食品が「PHラボ」3信金などのファンド活用

東三河4高校と共同開発した商品販売   魚介類の佃煮などの製造販売業者・平松食品(豊橋市梅藪町、平松賢介社長)は11日、東三河の県立高校4校が開発した商品の販売などを手がける「プロフェッショナル・...

十勝牛とろ丼 まんパク 3連覇

 3日まで東京都内で開かれた日本最大級の食のイベント「満腹博覧会(まんパク)2019」で、十勝スロウフード(清水町御影、藤田惠社長)が出品した「十勝牛とろ丼」が人気グルメランキングで3年連続の...

長野日報社

安心でおいしいレタス 長谷中学校生徒が有機無農薬栽培

長野県伊那市の長谷中学校と同校の野菜作りなどを支援する「南アルプス山麓地域振興プロジェクト推進協議会」は8日、同市の道の駅・南アルプスむら長谷で、生徒が有機無農薬で栽培したレタス約100個を販...

ブラックサンダーあん巻き100万個突破

 一昨年11月に、お亀堂(豊橋市南小池町、森愼一郎社長)が発売した「ブラックサンダーあん巻き」の累計発売数が今年4月、100万個を突破した。これを記念し6月1日から購入者に、同あんまきを1個プレ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク