全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

体を知るスポーツ医学

女子スポーツ選手の「けがと身体作り」について語る青木さんと(右)と藤本院長=四ツ谷接骨院で

 田原市出身で、春から日本女子プロ野球の育成チーム「レイア」に入団する青木悠華さん(18)が、豊川市にある四ツ谷接骨院主催の女子スポーツ選手支援講演会で「けがと身体作り」について話した。  医療面から女子選手をサポートしようと、藤本顕久院長が企画。同院に通い、野球やソフトボールなどをする小中学生と親、指導者らに参加を呼び掛けて開催した。  青木さんは、名古屋の至学館高校3年、硬式野球部の元主将。小柄ながら、昨年の女子プロ野球入団テストでは強肩と打撃センスを生かし、合格を果たした。  講演は青木さんと藤本院長の対談形式。高校時代はけがに悩まされ、思うようにプレーできなかった時期もあったという青木さんだが、体の復調を弾みにプロテストに挑んだという。  青木さんについて、藤本院長は、プロテストに合格した時期に計った筋肉量や脂肪量を点数化する体組成計の数値結果が100点代で、社会人野球レベルに並ぶほどだったことを紹介。  高校1年時では体脂肪率が11%で、男子高校野球選手の目標数値と同等だったが、最新スポーツ医学の見地からは「女性の場合、けがのリスクが非常に大きい」と指摘した。一方、合格時は体脂肪率が女子スポーツ選手にとって理想的な約20%前後だったと説明した。  青木さんは、身体的な成長に左右されないよう日頃から動くことや、自分なりの体型維持や筋力維持に努めていたが、藤本院長は女性ホルモンが運動選手としての身体に影響することを挙げ、「体脂肪のコントロールは難しいが、体脂肪に目を向けることが大切」と強調。体脂肪が運動的技術にも関係すると述べた。

関連記事

北羽新報社

能代市の日吉神社で「嫁見まつり」 華やか花嫁行列 幸せ願い参詣

 能代市御指南町の日吉神社(平賀優子宮司)の伝統行事「嫁見まつり」が27日に行われた。県内外から参加した11人の女性が色打ち掛けを羽織って新緑に包まれた参道を静々と歩き、見物客を魅了した。境内では飲...

石垣島の美しい海を満喫 台湾蘇澳鎮・地元の子どもたち シュノーケリング体..

 小中学生教育交流事業の一環で石垣市を訪れている台湾蘇澳鎮の児童生徒らは26日、ホームステイ先の小中学生とともに白保の海岸でシュノーケリングを体験し石垣島の海を満喫した。  交流事業には、...

長野日報社

長野県伊那市「地域おこし協力隊」制度導入10周年 28日に記念フェス

長野県伊那市と市地域おこし協力隊は、制度導入から10周年となったことを記念し、協力隊と市民の交流イベント「伊那市地域おこし協力隊フェス2023」を28日午前9時から同市西箕輪の農業公園みはらし...

長野日報社

「諏訪龍神の舞」 高島城祭に向け演舞に磨き 長野県諏訪市

長野県諏訪市で28日に開く高島城祭に向け、同市本町2丁目の有志らが受け継ぐ「諏訪龍神の舞」の練習が熱を帯びている。新型コロナウイルスの影響で中止、規模縮小が続き、祭りの通常開催は4年ぶり。地域...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク