全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

協働プロジェクト始動へ 鵡川高と大分県立佐伯豊南高が交流

佐伯豊南高との交流を加速させる鵡川高=応援メッセージを前に

 むかわ町の鵡川高校は今年度、大分県佐伯市の県立佐伯豊南高校とコラボしてさまざまな取り組みを展開していく構想を練っている。昨年9月に発生した胆振東部地震の際、佐伯豊南高から受けた支援がきっかけ。大分県内で開催されるイベントに合わせた商品開発などを計画しており、早ければ今月中にも北と南の離れた地にいる高校生同士の協働プロジェクトがスタートする。

 両校の関わりは、震災で被災した鵡川高に佐伯豊南高が応援メッセージや義援金を届けたことが始まり。その後、鵡川高の生徒が感謝の気持ちを表した動画を返信したことで漠然としていた構想が本格化した。3月下旬と5月上旬には佐伯豊南高の教員がむかわ町を訪れ、今月14~17日には鵡川高の堺庸充教諭(43)が現地に出向いてラジオ番組に出演する。併せて佐伯豊南高を訪問して直接感謝の気持ちを伝える予定だ。

 今後はつながりをより強固にしていくため、生徒同士の交流を軸にした活動を展開する。第1弾として佐伯豊南高が「探究活動」で行っているパン製作を鵡川高の生徒が手伝い、鵡川高の生徒が考案したオリジナルのパンを佐伯市で今秋開催予定の「パンフェス」(仮称)に出品してもらう。この間、テレビ電話などを使って意見交換し、夏頃をめどにパンを完成させていく考えだ。

 このほか構想段階だが、書道教室、防災に関わる協議なども検討中。堺教諭は「学校の中だけではなく、別の高校生や外部との関わりを持てるようになる。やってることが外部の大人や同世代の人たちに評価される成功体験を経て、心の成長につなげてほしい」と期待。今回は「そのきっかけ、土台づくりができれば」と話している。

関連記事

豊川特別支援学校と宝陵高校が作業交流

 豊川市大木町の県立豊川特別支援学校本宮校舎(藤井毅校長)の生徒は18日、校舎が併設されている宝陵高校(鈴木眞成校長)の生徒らと作業学習で交流した。  本宮校舎の高等部2、3年から26人、宝陵高校福...

荘内日報社

税負担など公益大生と対話

 自民党の「財政構造のあり方検討小委員会」(委員長・小渕優子元経済産業大臣)の衆院議員5人が17日、酒田市の東北公益文科大を訪れ、「財政に関する大学キャラバン」と題して、小渕委員長(45)=群馬5区=ら...

宇部日報社

地元企業の「ミズコシタロウ」が福島の発電所に採用

 宇部市中山の中村建設(中村廣義社長)の濁水処理装置「ミズコシタロウ」が、福島県いわき市勿来(なこそ)に建設が進む石炭ガス化複合発電(IGCC)設備を使った火力発電所の汚濁冷却水処理システムに採...

太田家に産声10人目 幕別の大家族

 幕別町で暮らす大家族、太田さん一家に10人目の赤ちゃんが誕生した。善之さん(40)=会社員=と裕美さん(39)夫妻の八男となる男児が13日午後3時7分に帯広市内の慶愛病院で生まれ、一家は12人家...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク