全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

協働プロジェクト始動へ 鵡川高と大分県立佐伯豊南高が交流

佐伯豊南高との交流を加速させる鵡川高=応援メッセージを前に

 むかわ町の鵡川高校は今年度、大分県佐伯市の県立佐伯豊南高校とコラボしてさまざまな取り組みを展開していく構想を練っている。昨年9月に発生した胆振東部地震の際、佐伯豊南高から受けた支援がきっかけ。大分県内で開催されるイベントに合わせた商品開発などを計画しており、早ければ今月中にも北と南の離れた地にいる高校生同士の協働プロジェクトがスタートする。

 両校の関わりは、震災で被災した鵡川高に佐伯豊南高が応援メッセージや義援金を届けたことが始まり。その後、鵡川高の生徒が感謝の気持ちを表した動画を返信したことで漠然としていた構想が本格化した。3月下旬と5月上旬には佐伯豊南高の教員がむかわ町を訪れ、今月14~17日には鵡川高の堺庸充教諭(43)が現地に出向いてラジオ番組に出演する。併せて佐伯豊南高を訪問して直接感謝の気持ちを伝える予定だ。

 今後はつながりをより強固にしていくため、生徒同士の交流を軸にした活動を展開する。第1弾として佐伯豊南高が「探究活動」で行っているパン製作を鵡川高の生徒が手伝い、鵡川高の生徒が考案したオリジナルのパンを佐伯市で今秋開催予定の「パンフェス」(仮称)に出品してもらう。この間、テレビ電話などを使って意見交換し、夏頃をめどにパンを完成させていく考えだ。

 このほか構想段階だが、書道教室、防災に関わる協議なども検討中。堺教諭は「学校の中だけではなく、別の高校生や外部との関わりを持てるようになる。やってることが外部の大人や同世代の人たちに評価される成功体験を経て、心の成長につなげてほしい」と期待。今回は「そのきっかけ、土台づくりができれば」と話している。

関連記事

紀伊民報社

防災用品の購入急増 地震発生であらためて危機感

 3日に和歌山県の田辺市などで震度4の揺れを観測する地震が発生したのを受け、紀南地方で防災用品への関心が高まっている。田辺市内のホームセンターでも在宅避難用グッズの購入が増えている。  田辺市...

荘内日報社

ハタハタ高値 台所を直撃 「大黒様のお歳夜」他の魚に代替えも 複雑な表情

 9日は「大黒様のお歳(とし)夜(や)」。庄内ではハタハタの田楽を食べる風習があるが、今年はハタハタ漁に異変が起きている。1月から10月までの水揚げは昨年と比べて半減。近年指摘されている高い海水温が原...

62年前の苫東高新聞を発見、現役局員は質の高さに驚き

苫小牧市王子町の私設文学館「斉藤征義の宮沢賢治と詩の世界館」で、1959(昭和34)年12月5日付の苫小牧東高新聞第40号が見つかった。2019年に78歳で亡くなった詩人の故斉藤征義さんは、同高O...

地域交通に暮らしの視点 国交省、コロナ後へ研究会 十勝バスもモデル

 国土交通省はアフターコロナ時代の地域交通の方向性を考える新たな研究会を立ち上げた。新型コロナウイルスの影響で旅客の輸送需要が減少する中、地域の足としてのセーフティーネットに加え、地域住民の暮らし...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク