全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

W杯「なでしこジャパン」を応援 新宮市役所で企画展示

なでしこジャパンを応援しようと熊野三山協議会が開いている企画展示(新宮市役所で)

 サッカーの女子ワールドカップ(W杯)フランス大会で2大会ぶりの優勝を目指して戦っている日本代表「なでしこジャパン」を応援しようと、熊野三山の3社1寺と新宮市、田辺市、那智勝浦町でつくる「熊野三山協議会」(会長=田岡実千年・新宮市長)が、新宮市役所1階玄関ロビーで、選手らを紹介する企画展示をしている。
 熊野の神鳥「八咫烏(やたがらす)」が日本サッカー協会のシンボルマークとされている縁から、協会は折に触れて熊野での必勝祈願を続けている。なでしこジャパンは前々回のW杯で優勝、前回のW杯では準優勝。今回のフランス大会を前に、協会関係者らが5月中旬、熊野三山を訪れて必勝を祈願した。
 企画展示では、高倉麻子監督のサイン入りボールや招集メンバー23人と高倉監督を紹介する写真(A3サイズ)、ユニホーム、サッカー協会と八咫烏の関係を説明するパネルなどを展示している。
 協議会の担当者は「再び優勝を目指すなでしこジャパンのメンバーを、皆で応援できれば」と話している。
 フランス大会は7日に開幕。なでしこジャパンは24チームが6組に分かれて戦う1次リーグで10日、アルゼンチンとの初戦に臨み、0―0で引き分けた。第2戦は14日にスコットランドと対戦する。

関連記事

長野日報社

ラベンダー摘み取り体験始まる 蓼科中央高原

 茅野市蓼科中央高原で地域活性化に取り組む女性グループ「美しの蓼科」は、国道299号沿いのカフェレストラン「蓼科花ファクトリー」近くのラベンダー畑で、摘み取り体験の受け入れを始めている。2年目...

荘内日報社

「ゆどのの山塩」と加工品を開発 温泉ぼんぼの源泉製塩

 鶴岡市熊出の「かたくり温泉ぼんぼ」の源泉を使った山塩「ゆどのの山塩」が開発され1日、記者発表された。強塩温泉を水蒸気の熱で間接的に温め、4日がかりで煮詰め塩にするもので、ミネラル分が多く、味はまろ...

紀伊民報社

海上遊歩道からクジラ

 和歌山県太地町が、森浦湾の一部を網で仕切って小型鯨類を放し飼いにする事業で設置した海上遊歩道が1日、オープンした。海上遊歩道の上から、近くを泳ぐバンドウイルカやハナゴンドウなどを見ることができ...

アニメ「ダイヤのA」と連携 グッズ製作検討、苫小牧をPR-苫小牧市と観光..

 苫小牧市と苫小牧観光協会は、同市の知名度向上へ、人気アニメ「ダイヤのA(エース) actⅡ(アクトツー)」と連携した観光PR事業をスタートさせる。主要な登場人物の中に同市出身のキャラクターがいる...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク