全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

外国人総合相談センターを開設

外国人住民の相談に対応する多言語相談員(やまぐち外国人総合相談センターで)

 県は11日、外国人住民への情報提供や生活全般の相談対応をワンストップで行う「やまぐち外国人総合相談センター」を県国際交流協会(山口市水の上町)内に開設した。  外国人労働者の受け入れを拡大する新制度の導入に伴い、同協会の相談窓口を拡充させる形で設置した。    センターには、多文化共生コーディネーター2人と、英語、中国語、タガログ語、ベトナム語の4言語に対応できる多言語相談員4人を配置。在留手続きや雇用、医療、福祉、子育てなど生活全般の相談に対面や電話で応じる。コーディネーターは、相談内容に応じた専門機関に取り次ぐ役割を担う。    プライバシーに配慮した個室の相談スペースを新たに設け、音声を74言語に翻訳できる翻訳機3台とタブレット端末3台も導入した。    同日、開所式があり、村岡嗣政知事をはじめ関係者約50人が出席した。村岡知事は「外国人の方々の身近な支援機関として取り組みを進め、きめ細やかなサポートを行っていく」と話した。    県内の在留外国人数は、2012年度から増加に転じ、18年6月現在で約1万5800人に上る。5年前と比較して約2600人増えている。

関連記事

長野日報社

諏訪湖のワカサギ守れ 舟で魚食性鳥類追い払い 長野県諏訪市

魚食性鳥類から諏訪湖の水産資源のワカサギを守ろうと、諏訪湖漁業協同組合や県などでつくる諏訪湖漁場活性化協議会が舟を使った追い払いを続けている。来春の採卵事業で十分な魚卵を確保するため、同漁協組...

荘内日報社

庭園に浮かぶ光の映像 幻想的な世界演出 鶴岡「玉川寺」プロジェクションマッ..

 鶴岡市羽黒町の玉川寺で4、5の両日、光の映像「プロジェクションマッピング」が行われた。  冬の誘客を図ろうと県庄内総合支庁地域産業経済課と庄内観光コンベンション協会、玉川寺の3者がタイアップ...

紀伊民報社

木熟ミカンの収穫始まる

 田辺・西牟婁で栽培されている早生温州ミカンのJA紀南のブランド「木熟みかん」の収穫が始まった。実を木にならしたまま熟度を高めるのが特徴で、早生温州ミカンのうち一定の糖度以上を木熟みかんとして出...

恐竜フェスタ にぎわう AR、VRで むかわ竜再現 記念撮影に長い列

むかわ町が恐竜を前面に出してまちをアピールするイベント「恐竜フェスタ」が4、5両日、同町道の駅「四季の館」をメイン会場に開かれた。AR(拡張現実)技術を使い、スマートフォンの画面で「カムイサウルス...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク