全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

外国人総合相談センターを開設

外国人住民の相談に対応する多言語相談員(やまぐち外国人総合相談センターで)

 県は11日、外国人住民への情報提供や生活全般の相談対応をワンストップで行う「やまぐち外国人総合相談センター」を県国際交流協会(山口市水の上町)内に開設した。  外国人労働者の受け入れを拡大する新制度の導入に伴い、同協会の相談窓口を拡充させる形で設置した。    センターには、多文化共生コーディネーター2人と、英語、中国語、タガログ語、ベトナム語の4言語に対応できる多言語相談員4人を配置。在留手続きや雇用、医療、福祉、子育てなど生活全般の相談に対面や電話で応じる。コーディネーターは、相談内容に応じた専門機関に取り次ぐ役割を担う。    プライバシーに配慮した個室の相談スペースを新たに設け、音声を74言語に翻訳できる翻訳機3台とタブレット端末3台も導入した。    同日、開所式があり、村岡嗣政知事をはじめ関係者約50人が出席した。村岡知事は「外国人の方々の身近な支援機関として取り組みを進め、きめ細やかなサポートを行っていく」と話した。    県内の在留外国人数は、2012年度から増加に転じ、18年6月現在で約1万5800人に上る。5年前と比較して約2600人増えている。

関連記事

長野日報社

国道伊南バイパス、リニア県駅まで延伸 期成同盟会設立へ

 飯島町、中川村と下伊那郡松川町、高森町は7月10日、国道153号伊南バイパスを飯田市に設置されるリニア中央新幹線の県駅まで延伸させることを目指し、「国道153号下市田・本郷間改良促進期成同盟会...

豊川特別支援学校と宝陵高校が作業交流

 豊川市大木町の県立豊川特別支援学校本宮校舎(藤井毅校長)の生徒は18日、校舎が併設されている宝陵高校(鈴木眞成校長)の生徒らと作業学習で交流した。  本宮校舎の高等部2、3年から26人、宝陵高校福...

荘内日報社

税負担など公益大生と対話

 自民党の「財政構造のあり方検討小委員会」(委員長・小渕優子元経済産業大臣)の衆院議員5人が17日、酒田市の東北公益文科大を訪れ、「財政に関する大学キャラバン」と題して、小渕委員長(45)=群馬5区=ら...

宇部日報社

地元企業の「ミズコシタロウ」が福島の発電所に採用

 宇部市中山の中村建設(中村廣義社長)の濁水処理装置「ミズコシタロウ」が、福島県いわき市勿来(なこそ)に建設が進む石炭ガス化複合発電(IGCC)設備を使った火力発電所の汚濁冷却水処理システムに採...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク