全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

平松食品が「PHラボ」3信金などのファンド活用

東三河4高校と共同開発した商品販売 

 魚介類の佃煮などの製造販売業者・平松食品(豊橋市梅藪町、平松賢介社長)は11日、東三河の県立高校4校が開発した商品の販売などを手がける「プロフェッショナル・ハイスクール・マーケティング・ラボ(PHラボ)」事業を展開すると発表した。3つの信用金庫などでつくるファンドを活用して運営。第一弾として蒲郡市内では三谷水産高校と共同開発した商品の販売をしていく。  同社は三谷水産高校と共同で同校の実習船で釣れたカツオを活用したジュレ状の佃煮「愛知丸ごはん」を生徒と共同開発したこともあり、企業と地域の専門高校が連携した事業をさらに広めようと企画した。  東三河に本店を置く蒲郡、豊橋、豊川の3信用金庫と県信用保証協会が連携して立ち上がった「三信金地域応援ファンド」から1050万円の投資を受けることになり、9年間運営していくことにした。  蒲郡市海陽町のラグーナテンボスフェスティバルマーケット1階にある同社の販売店敷地内の広さ約50平方㍍に専用ブースを設けて三谷水産高校の取り組みと共同開発した商品を並べた。  他に参加する高校は豊橋商業、福江、渥美農業の3校。それぞれ来年春までに豊橋商業は豊橋市内の道の駅での出店展開とインターネットでの販路を考える。福江と渥美農業は田原市内の道の駅で活動していく。

 この日、蒲郡市海陽町のラグナマリーナでは平松社長や4校の関係者らが出席して会見。平松社長は「社会実習として活動の場を設けたかった。学校教育に寄り添うかたちで事業をしていきたい」と語った。  三谷水産の丸﨑敏夫校長は「各校は地域と関わって貴重な経験を得られる良い機会。全国に紹介できる取り組みとなるようにしたい」と意気込んだ。

関連記事

荘内日報社

第1回鶴岡№1次世代料理人決定戦

 鶴岡市内の若手料理人を対象としたコンペティション「第1回鶴岡№1次世代料理人決定戦」が18日、同市のグランドエル・サンで行われ、初代グランプリの栄誉に日本料理店「庄内ざっこ」の齋藤翔太さん(36)が輝い...

長野日報社

参観日にパーティー 原小4年1組が角寒天作り

長野県原村の原小学校4年1組(牛山あゆみ教諭、32人)は今年度の総合的な学習で、角寒天作りに取り組んできた。18日には5回目となる「天出し」作業を行った。今後、天候や寒天の乾燥具合を見ながら1...

ロケットパン完成 満寿屋と大樹高が共同開発

 パン製造販売の満寿屋商店(帯広、杉山雅則社長)と大樹高校(青木祐治校長、生徒139人)の生徒が共同開発した「大樹ロケットパン」(3種類)が18日午前、初披露された。パッケージデザインは町内の小・...

紀伊民報社

養殖魚の冷凍茶漬け

 近畿大学発のベンチャー企業「アーマリン近大」(和歌山県白浜町)は、養殖魚3種類(マダイ、シマアジ、クエ)を使用した「切り身まるごと 近大おさかな茶漬け」=写真=の販売をホームページで始めた。 ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク