全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

庄内の日本遺産活用を考える

 本保さんは「日本遺産に寄り掛からないでほしい。日本遺産は外国人にとってまだ何かよく分からないもので、世界遺産より下だと思われる。山形、庄内が自信ある資産だというところから出発して」と訴えた。

 庄内地域の3つの日本遺産にスポットを当てた「庄内観光交流講演会」が31日、酒田市のガーデンパレスみずほで開かれた。初代観光庁長官で国連世界観光機関(UNWTO)駐日事務所代表の本保芳明さんの講演と、県国際戦略検証委員長を務めるプランニング・ディレクターの古田菜穂子さんとの対談を通じ、日本遺産を活用した庄内の観光振興策について考えた。

 庄内は3つの日本遺産(出羽三山、北前船寄港地、サムライゆかりのシルク)がある全国でもまれな地域。今回は、本保さんと古田さんがUNWTOの世界観光会議(2月1―3日、山形市内など)に出席のため来県したのに合わせ、庄内開発協議会(会長・丸山至酒田市長)、庄内観光コンベンション協会(会長・皆川治鶴岡市長)などが主催。庄内地方の行政や観光関係者ら約130人が参加した。

 初めに本保さんが「庄内の日本遺産を強力な宝にするためには?」と題して基調講演。庄内については「水田の広がりや山、海の景観、出羽三山などの伝統、歴史など素晴らしいが、あまり注目されてこなかった」とした。最近、日本遺産認定や外国クルーズ船の寄港などの動きが出て、注目を集めつつある背景については「もともとの魅力の豊かさとインバウンド(外国人観光客)急拡大の追い風、北前船寄港地フォーラムなど長年努力してきた成果」と分析。さらなる飛躍に向けては努力の継続とともに「資源の磨き上げ」の必要性を挙げ、「相手が求めている価値あるもので、自分が提供できるものをきちんと出すことが大切。単なる田舎自慢や、自分の持ち分でないところで頑張っても駄目」などとアドバイスした。

 続く対談で、古田さんは「東北には外国人にとって未知で、神秘的なイメージがある。特に山形は多様性があり、宗教でない、人の心に届く精神文化が観光資源になっている。特に庄内は顕著」と、身近に山伏がいたり、当然のごとく混ぜ物のない餅を出す風土などを挙げ、「そうした文化を外国人にその人の言葉で語ってもらう戦略が必要」と発信の在り方を提言。ターゲットには、短期的にはアジアも大切としながらも、長期的には精神文化への関心が高い「欧州」を見据える方向性を示した。

関連記事

北羽新報社

花嫁行列あでやか、見物客を魅了 能代市の日吉神社「嫁見まつり」

 能代市御指南町の日吉神社(平賀優子宮司)の伝統行事「嫁見まつり」は18日に行われた。県内外から参加した女性4人が色打ち掛けを羽織って新緑に包まれた参道を静々と歩き、見物客を魅了した。境内では飲食...

長野日報社

湖上花火にサイクリングロード JR上諏訪駅が夏の観光誘客ポスター 長野県

JR上諏訪駅(長野県諏訪市)は、首都圏の駅に掲示や表示する夏版の観光誘客用ポスターを2枚作った。1枚は全線開通した諏訪湖サイクリングロードの写真を載せ、もう一方は諏訪湖花火で特徴的な水上スター...

北羽新報社

「ツツジの名所」見頃迎える 能代市の能代公園・きみまち阪公園

 能代市の能代公園と、同市二ツ井町のきみまち阪県立自然公園でツツジの花が見頃を迎えている。ともに今月末まで「つつじまつり」期間に設定、色とりどりの花が園内を彩り、訪れる人たちの目を楽しませ...

「がまごおりじなる」潮干狩り

 蒲郡市シティセールス推進協議会は12日、三谷地区の水神海岸で市民対象のイベント「がまごおりじなる潮干狩り大会」を開催した。市制施行70周年記念事業の一環。  協議会は自分たちで蒲郡ならではの...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク