全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

常盤湖に捨てられたバイクなど「海ごみ展」

常盤湖に捨てられていたバイクに注目する来場者(体験学習館モンスタで)

 ときわ動物園の体験学習館モンスタで、海洋汚染の一因となっているプラスチックごみの削減やポイ捨て禁止を考えるための企画展「海ごみ展」が開かれている。常盤湖に捨てられていたバイクなど約100点の展示を通じて、ごみが生き物に与える悪影響を伝え、環境保全を呼び掛けている。30日まで。    常盤湖ではコブハクチョウのつがいが飼養されているほか、ユリカモメやカルガモなどが飛来する。昨年8月には、コブハクチョウの1羽がレジ袋を誤飲する事故が発生。内視鏡で胃を確認したところ、くちばしで細かく細断された状態の袋が見つかった。経過観察で済んだが、体内で詰まって健康を害する危険もあった。    展示したのは、誤飲や水質汚染を防ぐために動物園職員が湖面からすくい上げたプラスチック製包み紙や空きペットボトルのごく一部。全体に赤サビが生じているバイクは、渇水で水が干上がった今年1月ごろに湖底から引っ張り上げた。    レジ袋を誤飲したコブハクチョウの胃内部の画像、誤飲シーンを再現した模型も並べ、ごみは持ち帰るように啓発。海ごみ問題の現状をパネル22枚で紹介し、来場者に感想を書いてもらうコーナーも設けている。    この他、常盤湖に暮らす県準絶滅危惧種でカメムシ目のコオイムシ、コイ目のギンブナなど10種も観察できる。    宮下実園長は「県内や世界中の海で起きている環境問題について考えてもらうきっかけになれば」としている。

関連記事

豊川特別支援学校と宝陵高校が作業交流

 豊川市大木町の県立豊川特別支援学校本宮校舎(藤井毅校長)の生徒は18日、校舎が併設されている宝陵高校(鈴木眞成校長)の生徒らと作業学習で交流した。  本宮校舎の高等部2、3年から26人、宝陵高校福...

荘内日報社

税負担など公益大生と対話

 自民党の「財政構造のあり方検討小委員会」(委員長・小渕優子元経済産業大臣)の衆院議員5人が17日、酒田市の東北公益文科大を訪れ、「財政に関する大学キャラバン」と題して、小渕委員長(45)=群馬5区=ら...

宇部日報社

地元企業の「ミズコシタロウ」が福島の発電所に採用

 宇部市中山の中村建設(中村廣義社長)の濁水処理装置「ミズコシタロウ」が、福島県いわき市勿来(なこそ)に建設が進む石炭ガス化複合発電(IGCC)設備を使った火力発電所の汚濁冷却水処理システムに採...

太田家に産声10人目 幕別の大家族

 幕別町で暮らす大家族、太田さん一家に10人目の赤ちゃんが誕生した。善之さん(40)=会社員=と裕美さん(39)夫妻の八男となる男児が13日午後3時7分に帯広市内の慶愛病院で生まれ、一家は12人家...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク