全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

金沢百万石まつりに出演 那覇市文化協会八重山芸能部会

特別ゲスト出演した「民謡華絵巻」のステージで、「安里屋節」を披露する那覇市文化協会八重山芸能部会の会員ら=2日午後、金沢歌劇座(同部会提供)

 那覇市文化協会八重山芸能部会(川井民枝会長)は2日、金沢市の金沢百万石まつり(金沢市など主催)の中で行われた「第31回民謡華絵巻」(同実行委員会主催)に、那覇市と金沢市の交流連携都市協定締結10周年記念にゲストとして招かれ特別出演した。

 同まつりは金沢市などの主催行事で、伝統芸能などが多数参加。「民謡華絵巻」は、会場の金沢歌劇座に地域の民謡が一堂に会する。「沖縄の歌と言えば八重山」と、那覇市文化協会から八重山芸能部会が出演することになった。

 本番10分間のステージでは「南風の便り(パイヌカジヌイヤリ)」と題し、派遣団16人が「赤馬節」「山入らば節」「安里屋節」の3演目を披露。舞台上では首里城のセットも組まれるなど、主催側から大きな歓迎を受けた。

 川井会長は「新鮮だったのだと思う。初めて触れる八重山の歌や踊りに身を起こして見ていた。南からの風を吹かせることができた」と振り返り、本盛美奈子副会長は「好きな八重山の歌と踊りを見て感じてもらうよい経験になった。島を離れても、これからも続けていきたい」と収穫を話した。

関連記事

長野日報社

諏訪湖サマーナイト花火 8月1日から開催

諏訪観光協会と諏訪湖温泉旅館組合でつくるサマーナイト花火実行委員会は26日、諏訪市の諏訪湖で花火を連日打ち上げる「諏訪湖サマーナイト花火」を8月1日から22日までの22日間、3密対策を講じた上で開...

八重山で「部分日食」 全体の9割以上欠ける 国内最大

 月が太陽の前を横切ることで太陽が一部欠けて見える「部分日食」が21日午後、全国各地であり、八重山では太陽が90%以上も欠けて見える国内最大の部分日食が観測できた。NPO法人八重山星の会(通事安夫会...

サンタメール 絵柄寄せて 広尾で一般公募開始

 広尾町北方圏交流振興会(会長・村瀬優町長)は、クリスマス時期に全国へ発送するクリスマスカード「ひろおサンタメール」のイラストを募集している。一般公募は3年目。事務局は「新型コロナウイルスの影響が...

長野日報社

多「酒」多彩に酒蔵ツーリズム 伊南地域がモデルに

国税庁の「酒蔵ツーリズム推進事業」で、全国16カ所のモデル事例対象地域の一つに長野県の駒ケ根市、飯島町、宮田村、中川村の伊南地域が公募で選ばれた。伊南DMO設立準備会が申請していたもので、日本...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク