全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

笑顔あふれる「みんなの食堂」

 豊川市東豊町の豊地区市民館で8日、NPO法人ワーカーズコープ愛知三河事業所いっぽ(櫻井早苗所長)による「みんなの食堂」が開催された。子どもからお年寄りまでが一緒に食事をしながら交流する場は、継続されて2年半。貴重なコミュニティの場として浸透している。

 櫻井所長らスタッフと、障害のある子どもたちが出迎え、大人は200円、子どもは無料でご案内。お皿いっぱいによそったカレーライスを振る舞い、空腹を満たした。親子連れだけでなく、近所で一人暮らしの高齢者らも来場し、テーブルを囲みながら談笑。食後のおやつを差し入れに来た人もいた。  東豊町内を拠点とする同法人はもともと放課後等デイサービスを運営していたが、ある日開催した餅つき行事で、お年寄りが寂しそうに座っていた光景を目にした櫻井所長が「子どもだけでなく、地域の誰もが気軽に来られる居場所づくりを」と2016(平成28)年11月から始めた。  食中毒が心配な8月を除いて毎月実施しており、この日で27回目を迎えた。櫻井所長ら主催者にとって見えてきたのは「一人ひとりの思いに寄り添う第3の居場所」だという。  「家では話し相手のいないお年寄りの方も、子どもと話すのを楽しみに来る。育児や家庭内の問題で悩んでいるお母さんが相談の機会にしたり、障害のある子も社会に出ていく上での訓練にもなっています」。野菜などの食材は地元の農家に提供をお願いしている。  毎月50食限定で、ほぼ毎回50人近くが来場し、会場は笑顔であふれ返る。次回は7月6日(土)午前11時半から午後1時まで、夏野菜カレーを囲む予定。問い合わせは同法人実行委(0533・84・5678)へ。

関連記事

ほくほく秋の恵み 大ぶりメークイン 大正まつり

 秋分の日の23日、帯広の代表的な収穫祭「メークインまつり」(JA帯広大正主催)が、帯広市大正町ふれあい広場で開かれた。あいにくの雨にもかかわらず、ジャガイモの詰め放題を目当てに大勢の来場客で...

長野日報社

能舞台で聴衆魅了 辰野で初の「音楽祭」多彩に

 長野県上伊那郡辰野町と住民が協働で展開する「日本のど真ん中」PRプロジェクトのイベント「能舞台de(で)音楽祭」は22日、同町川島のかやぶきの館の能舞台で開いた。プロの音楽家や地元中学生らが...

餃子づくりで日中親睦

 豊橋地区日中友好協会(鈴木道夫会長)は22日、「中国人留学生と餃子(ぎょうざ)を作る会」を豊橋市本郷地区市民館で開き、日中両国の友好を互いに深め合った。  同協会が毎年実施する恒例の友好事業...

紀伊民報社

集結!クジラ好き芸術家

 和歌山県太地町立くじらの博物館で21日、イルカやクジラを題材とした作品を手掛ける20組の「クジラ好きアーティスト」が全国各地から集まった作品展が始まった。「くじらまみれ」と題した催しで、アーテ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク