全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

伝統の「垣起こし」体験 加計呂麻島木慈集落の児童ら

石垣を修復する児童ら=7日、瀬戸内町木慈

 鹿児島県瀬戸内町加計呂麻島の木慈集落(小田悦郎区長、3世帯6人)で旧暦5月5日(ゴガツゴンチ)に当たる7日、垣漁で使う石垣を修復する「垣起こし」があった。住民や地域の児童ら16人が参加。同集落ならではの伝統行事を体験し、先人の苦労や知恵を学んだ。

 垣漁は、海岸に石垣を積み上げ、干潮時に逃げ遅れた魚を網などで捕る素朴な漁法。波穏やかな海岸線を持つ同町をはじめ、笠利町や龍郷町の湾岸で行われていた。木慈集落の垣漁跡は町の文化財(記念物)に指定されている。

 木慈集落では現在、垣漁はしなくなったが、薩川小学校(下薗聡校長、児童8人)の協力を得て垣起こしを続けている。この日参加した児童は、小田区長(58)から垣漁や垣起こしのやり方を学んだ後、石を積み直す作業を手伝った。3年生の児童は「2回目の参加で、垣漁についていろいろ学べた。昔の人はこういう漁法で本当に魚が取れたのか、一度見てみたい」と話した。

 小田区長(58)は「子どもの頃はまだ海が豊かで、小魚を追って入ったイカやタコのほか、貝類もたくさん取れた。今は住民が少なくなり、垣の維持も難しくなってきている。観光と結び付けて、修復作業ができないだろうか」と話していた。

関連記事

荘内日報社

「いじめのない学校づくり」発信!! 三川・東郷小運営委員会 オリジナル演劇..

 三川町の東郷小学校(海藤陽子校長、児童122人)の児童が、いじめ問題に取り組んでいる。6年生の運営委員が中心となり、オリジナルの「いじめ演劇」を作って全校児童を前に発表。劇を見た感想を求めるなどして...

紀伊民報社

駐日トルコ大使が初来県 就任後初の公式訪問

 トルコのコルクット・ギュンゲン駐日大使(53)が20日、就任後初の公式訪問で来県した。県立博物館(和歌山県和歌山市)で、約130年前に串本町の樫野崎沖で沈没したトルコ軍艦エルトゥールル号によっ...

池田のお店動画 注目道内一 裏メニュー紹介や店内突撃

 池田町商工会(平井昌行会長)が動画共有サイトYouTube(ユーチューブ)https://wwwyoutubecom/channel/UCTcTkRYf6sKkLzeuAqUVcuwの公式チャンネルを活用し、町内事業者を紹介する動画を配信している。...

宇部日報社

大寒に合わせ山陽小野田市の妙徳寺で寒行

 一年で最も寒さが厳しいとされる二十四節気の一つ「大寒」の20日に合わせて、山陽小野田市野中にある妙徳寺(荒川英良住職)で寒行と祈願回りが始まった。29日までの毎晩、檀家(だんか)の人たちが市内...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク