全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

「美しいやまがたの海」クリーンアップ運動 ごみの生態系への影響考える

 プラスチックなど海洋ごみが生態系に与える影響がクローズアップされる中、「美しいやまがたの海」クリーンアップ運動が6日、酒田市の宮海海水浴場を皮切りに始まり、西荒瀬小学校(久米井浩校長、児童116人)や宮海自治会(阿彦忍会長)の関係者らが海岸に落ちているごみを拾い集めた。

 海岸漂着ごみの削減に向け2008年7月、産学官民25団体で設立した「美しいやまがたの海」プラットフォーム(代表・小谷卓鶴岡高専名誉教授、事務局・県庄内総合支庁環境課)が毎年この時期、庄内各地の海岸で実施している。今年はこの日から来月15日まで酒田市、鶴岡市、遊佐町の計10カ所で各市町や自治会、NPO、企業関係者が参加して実施する。

 この日の宮海会場は、西荒瀬小の全児童や宮海自治会、市、酒田共同火力発電など周囲の企業関係者ら約200人が参加。日本財団の助成で「海と日本プロジェクトin山形実行委員会」(委員長・小谷名誉教授)が取り組む「海ごみゼロウィーク」とのタイアップ企画として、全員が美しい海を象徴する青いタオルを首に巻き、ごみを「可燃」「不燃」「ペットボトル」に分別して各袋の数を集計した。

 開会式では西荒瀬小の久米井校長が「プラスチックごみを海の生き物が食べ、それを食べた人間のうんちから出てくることもある」など課題を投げ掛けた。異学年のグループに分かれた子どもたちは、海岸に落ちているごみを一つ一つ丁寧に拾い集めた。

 2年生の氏川怜玖音君(8)は「海が汚れないようにという活動。自分はペットボトルを捨てたりしないし、これからも捨てない」と話した。

 「海ごみゼロウィーク」では先月26日から今月8日まで、宮海を含め庄内の5カ所で同様の活動を実施。

「美しいやまがたの海」クリーンアップ運動 ごみの生態系への影響考える

関連記事

紀伊民報社

集結!クジラ好き芸術家

 和歌山県太地町立くじらの博物館で21日、イルカやクジラを題材とした作品を手掛ける20組の「クジラ好きアーティスト」が全国各地から集まった作品展が始まった。「くじらまみれ」と題した催しで、アーテ...

十勝産トウモロコシと生クリームのスープ 明治が販売

 明治(東京)は、十勝産のトウモロコシと生クリームを使った新商品「十勝産黄金のとうもろこしと生クリームで仕立てたコーンスープ」の販売を始めた。明治グループの日本罐詰(芽室)が製造、全国のスーパー...

戦争、テロなき世界を 国際平和の日で鐘打式

 「国際平和の日」の21日午後、新栄公園で平和祈念鐘打式(世界平和の鐘の会沖縄県支部主催)が行われ、参加者約20人が戦争やテロのない世界の実現を祈った。  式典は午後0時に始まり、参加者全員で1分...

長野日報社

アサギマダラ遠くまで飛んで 宮田村でマーキング講習

長野県宮田村は21日、長距離を旅するチョウとして知られるアサギマダラのマーキング講習を同村新田のアサギマダラの里で行った。村内の小学生ら10人ほどが参加。雨の中を飛んできたアサギマダラ1匹を捕ま...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク