全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

十勝牛とろ丼 まんパク 3連覇

牛とろ丼の提供を担当した「円らく」(東京)の柳佳文社長(前列左から3人目)ら。3連覇を果たし、他の出店者からも祝福を受けた

 3日まで東京都内で開かれた日本最大級の食のイベント「満腹博覧会(まんパク)2019」で、十勝スロウフード(清水町御影、藤田惠社長)が出品した「十勝牛とろ丼」が人気グルメランキングで3年連続の総合1位に輝いた。11年に始まったまんパク史上初の3連覇で、初めての「殿堂入り」となった。

 今年のまんパクは、東京・立川市の昭和記念公園で5月16日から19日間にわたり開催。全国から約60のグルメが出品され、来場者の投票により、各日と総合でランキングを決めた。

 牛とろ丼は14年から出品。1週間だけの提供だった同年から3年連続2位の後、17年から3連覇となった。藤田社長は「牛とろのおいしさに加え、調理に制約のあるイベントでも店舗と遜色ない味を出せ、提供スピードも速い。量と質を両立できる」と牛とろ丼の強みを語る。

「殿堂入り」の牛とろ丼

 イベントが複数のテレビで取り上げられたことで、現在は供給が追い付かないほどの注文が来ているという。ただ、藤田社長は「どんな肉でもこの味が出せるわけではない」と強調。飼育段階からこだわった肉を原料とするため、「牛の肥育期間も考えると、1杯の丼になるまでに2年はかかる」という。

 藤田社長は牛とろ丼への高評価を喜ぶ一方、「当社のコンセプトは牛1頭ずつを大切に販売すること」と話す。同社では牛とろの原料にならない部位も、ハンバーグやソーセージなどに加工・販売。「牛とろだけでなく、それと同じ肉で作った商品もおいしいと知ってもらうため、『牛とろブランド』を育てていきたい」としている。

関連記事

第4弾は乾麺パスタ 資源循環型プロジェクト 十勝

 ばんえい十勝を核とした資源循環型プロジェクト「ばん馬toきのこto小麦の環」協議会(三浦尚史代表)は、第4弾となる新製品「うまいっしゅパスタ」を開発し、23日から満寿屋商店(帯広市)の管内6店で...

陸別産オウギ葉のお茶好評 薬用植物事業商品化第2弾

 昨年12月に「高麗人参飴(あめ)」の販売を開始した、陸別町の薬用植物栽培研究事業による商品化の第2弾が完成した。町産のキバナオウギの葉を使ったお茶で、1月から販売を開始した。  オウギの葉...

白花豆カレー味わって 帯広農業高生が開発

 帯広農業高校の生徒たちが、浦幌町の高級菜豆「白花豆」を使ったレトルトカレー「白花豆ごろっと白カレー」を開発、JAうらほろが商品化した。しっかりとした食感と甘みが特徴で、29日にとかち物産センター...

荘内日報社

第1回鶴岡№1次世代料理人決定戦

 鶴岡市内の若手料理人を対象としたコンペティション「第1回鶴岡№1次世代料理人決定戦」が18日、同市のグランドエル・サンで行われ、初代グランプリの栄誉に日本料理店「庄内ざっこ」の齋藤翔太さん(36)が輝い...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク