全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

石垣島からヤシの実106個投流

 田原市の伊良湖岬・恋路ヶ浜が舞台となった島崎藤村の叙情詩「椰子(やし)の実」の再現を目指し、渥美半島観光ビューローが5日、沖縄県石垣島の沖合からヤシの実106個を黒潮に流した。

 「名も知らぬ遠き島より 流れ寄る椰子の実一つ」。詩の一節「遠き島」を石垣島に見立て、約1600㌔離れた恋路ヶ浜に流れ着くことを願い、旧渥美町観光協会が1988(昭和63)年、まちおこしで始めた。以来、「愛のココナッツ・メッセージ」と銘打ってヤシ実流しが続いている。  32回目を迎えた今年は、山下政良市長やツアーに応募した人らビューローの一行38人が5日に石垣島入り。ビューローによると、この日は、石垣市の観光関係者らも加えた総勢50人が船に分乗し、沖合に向かった。島の北西約15㌔の海上で、山下市長らが「今年こそは、恋路ヶ浜に」の願いを込めて海に投げ入れた。  豊橋市出身で石垣島在住5年の池城未奈さん(38)は、ヤシの実会員募集のチラシを見て、2歳の安湧君の名前で申し込んだ。伊良湖岬には家族で訪れたことがあるという。今回の投流には、安湧君と、母親で豊橋市から石垣島に移住した大林真由美さん(67)の3人で参加。「このヤシの実が恋路ヶ浜に届いたらロマンチックだと思う」と期待を込めて話した。  黒潮の流れに乗り、渥美半島に流れ着くには1、2カ月かかる。ヤシの実には、連絡先などが記された金属製プレートが取り付けられ、国内で拾われると、拾った人と持ち主が抽選で伊良湖岬に招待される。  ヤシの実流しは、これまでに3494個を投流、田原市内には2001年に1個、12年に3個の計4個が流れ着いたが、恋路ヶ浜は到着していない。

関連記事

荘内日報社

「いじめのない学校づくり」発信!! 三川・東郷小運営委員会 オリジナル演劇..

 三川町の東郷小学校(海藤陽子校長、児童122人)の児童が、いじめ問題に取り組んでいる。6年生の運営委員が中心となり、オリジナルの「いじめ演劇」を作って全校児童を前に発表。劇を見た感想を求めるなどして...

紀伊民報社

駐日トルコ大使が初来県 就任後初の公式訪問

 トルコのコルクット・ギュンゲン駐日大使(53)が20日、就任後初の公式訪問で来県した。県立博物館(和歌山県和歌山市)で、約130年前に串本町の樫野崎沖で沈没したトルコ軍艦エルトゥールル号によっ...

池田のお店動画 注目道内一 裏メニュー紹介や店内突撃

 池田町商工会(平井昌行会長)が動画共有サイトYouTube(ユーチューブ)https://wwwyoutubecom/channel/UCTcTkRYf6sKkLzeuAqUVcuwの公式チャンネルを活用し、町内事業者を紹介する動画を配信している。...

宇部日報社

大寒に合わせ山陽小野田市の妙徳寺で寒行

 一年で最も寒さが厳しいとされる二十四節気の一つ「大寒」の20日に合わせて、山陽小野田市野中にある妙徳寺(荒川英良住職)で寒行と祈願回りが始まった。29日までの毎晩、檀家(だんか)の人たちが市内...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク