全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

石垣島からヤシの実106個投流

 田原市の伊良湖岬・恋路ヶ浜が舞台となった島崎藤村の叙情詩「椰子(やし)の実」の再現を目指し、渥美半島観光ビューローが5日、沖縄県石垣島の沖合からヤシの実106個を黒潮に流した。

 「名も知らぬ遠き島より 流れ寄る椰子の実一つ」。詩の一節「遠き島」を石垣島に見立て、約1600㌔離れた恋路ヶ浜に流れ着くことを願い、旧渥美町観光協会が1988(昭和63)年、まちおこしで始めた。以来、「愛のココナッツ・メッセージ」と銘打ってヤシ実流しが続いている。  32回目を迎えた今年は、山下政良市長やツアーに応募した人らビューローの一行38人が5日に石垣島入り。ビューローによると、この日は、石垣市の観光関係者らも加えた総勢50人が船に分乗し、沖合に向かった。島の北西約15㌔の海上で、山下市長らが「今年こそは、恋路ヶ浜に」の願いを込めて海に投げ入れた。  豊橋市出身で石垣島在住5年の池城未奈さん(38)は、ヤシの実会員募集のチラシを見て、2歳の安湧君の名前で申し込んだ。伊良湖岬には家族で訪れたことがあるという。今回の投流には、安湧君と、母親で豊橋市から石垣島に移住した大林真由美さん(67)の3人で参加。「このヤシの実が恋路ヶ浜に届いたらロマンチックだと思う」と期待を込めて話した。  黒潮の流れに乗り、渥美半島に流れ着くには1、2カ月かかる。ヤシの実には、連絡先などが記された金属製プレートが取り付けられ、国内で拾われると、拾った人と持ち主が抽選で伊良湖岬に招待される。  ヤシの実流しは、これまでに3494個を投流、田原市内には2001年に1個、12年に3個の計4個が流れ着いたが、恋路ヶ浜は到着していない。

関連記事

紀伊民報社

集結!クジラ好き芸術家

 和歌山県太地町立くじらの博物館で21日、イルカやクジラを題材とした作品を手掛ける20組の「クジラ好きアーティスト」が全国各地から集まった作品展が始まった。「くじらまみれ」と題した催しで、アーテ...

十勝産トウモロコシと生クリームのスープ 明治が販売

 明治(東京)は、十勝産のトウモロコシと生クリームを使った新商品「十勝産黄金のとうもろこしと生クリームで仕立てたコーンスープ」の販売を始めた。明治グループの日本罐詰(芽室)が製造、全国のスーパー...

戦争、テロなき世界を 国際平和の日で鐘打式

 「国際平和の日」の21日午後、新栄公園で平和祈念鐘打式(世界平和の鐘の会沖縄県支部主催)が行われ、参加者約20人が戦争やテロのない世界の実現を祈った。  式典は午後0時に始まり、参加者全員で1分...

長野日報社

アサギマダラ遠くまで飛んで 宮田村でマーキング講習

長野県宮田村は21日、長距離を旅するチョウとして知られるアサギマダラのマーキング講習を同村新田のアサギマダラの里で行った。村内の小学生ら10人ほどが参加。雨の中を飛んできたアサギマダラ1匹を捕ま...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク