全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

石垣島からヤシの実106個投流

 田原市の伊良湖岬・恋路ヶ浜が舞台となった島崎藤村の叙情詩「椰子(やし)の実」の再現を目指し、渥美半島観光ビューローが5日、沖縄県石垣島の沖合からヤシの実106個を黒潮に流した。

 「名も知らぬ遠き島より 流れ寄る椰子の実一つ」。詩の一節「遠き島」を石垣島に見立て、約1600㌔離れた恋路ヶ浜に流れ着くことを願い、旧渥美町観光協会が1988(昭和63)年、まちおこしで始めた。以来、「愛のココナッツ・メッセージ」と銘打ってヤシ実流しが続いている。  32回目を迎えた今年は、山下政良市長やツアーに応募した人らビューローの一行38人が5日に石垣島入り。ビューローによると、この日は、石垣市の観光関係者らも加えた総勢50人が船に分乗し、沖合に向かった。島の北西約15㌔の海上で、山下市長らが「今年こそは、恋路ヶ浜に」の願いを込めて海に投げ入れた。  豊橋市出身で石垣島在住5年の池城未奈さん(38)は、ヤシの実会員募集のチラシを見て、2歳の安湧君の名前で申し込んだ。伊良湖岬には家族で訪れたことがあるという。今回の投流には、安湧君と、母親で豊橋市から石垣島に移住した大林真由美さん(67)の3人で参加。「このヤシの実が恋路ヶ浜に届いたらロマンチックだと思う」と期待を込めて話した。  黒潮の流れに乗り、渥美半島に流れ着くには1、2カ月かかる。ヤシの実には、連絡先などが記された金属製プレートが取り付けられ、国内で拾われると、拾った人と持ち主が抽選で伊良湖岬に招待される。  ヤシの実流しは、これまでに3494個を投流、田原市内には2001年に1個、12年に3個の計4個が流れ着いたが、恋路ヶ浜は到着していない。

関連記事

長野日報社

国道伊南バイパス、リニア県駅まで延伸 期成同盟会設立へ

 飯島町、中川村と下伊那郡松川町、高森町は7月10日、国道153号伊南バイパスを飯田市に設置されるリニア中央新幹線の県駅まで延伸させることを目指し、「国道153号下市田・本郷間改良促進期成同盟会...

豊川特別支援学校と宝陵高校が作業交流

 豊川市大木町の県立豊川特別支援学校本宮校舎(藤井毅校長)の生徒は18日、校舎が併設されている宝陵高校(鈴木眞成校長)の生徒らと作業学習で交流した。  本宮校舎の高等部2、3年から26人、宝陵高校福...

荘内日報社

税負担など公益大生と対話

 自民党の「財政構造のあり方検討小委員会」(委員長・小渕優子元経済産業大臣)の衆院議員5人が17日、酒田市の東北公益文科大を訪れ、「財政に関する大学キャラバン」と題して、小渕委員長(45)=群馬5区=ら...

宇部日報社

地元企業の「ミズコシタロウ」が福島の発電所に採用

 宇部市中山の中村建設(中村廣義社長)の濁水処理装置「ミズコシタロウ」が、福島県いわき市勿来(なこそ)に建設が進む石炭ガス化複合発電(IGCC)設備を使った火力発電所の汚濁冷却水処理システムに採...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク