全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

カンヌ映画祭に徳之島2世招待 マーラさん、主演作品でレッドカーペット

カンヌ国際映画祭でレッドカーペットを歩く徳之島2世のマーラさん(横浜さん提供)

 先月14~25日にフランスで開催されたカンヌ国際映画祭に、鹿児島県の徳之島2世でフィリピンの女優マーラ・ロペス・ヨコハマさん(28)が招待された。主演する映画『ANg Hupa』が「監督週間」部門にノミネートされ、初めて同映画祭のレッドカーペットを歩いた。マーラさんは「フィリピンを代表して国際映画祭に参加するのは私の喜びであり、カンヌの地に来ることができ、本当に自分は恵まれている」と喜んだ。  マーラさんは徳之島町井之川の農業横浜寛さん(66)と、フィリピンの女優マリア・イザベル・ロペスさんの長女。母の影響で幼少期から芸能活動を始め、15歳から映画に出演した。2013年には同国の「シネマラヤ映画祭」で主演女優賞を獲得。15年には「あいち国際女性映画祭」からも招待を受けるなど、世界各国の映画祭に参加している。  今回の主演作は、フィリピン映画界の巨匠ラブ・ディアス監督の最新作で、2034年のフィリピンを舞台にした長編作品。伝染病がまん延し、火山が爆発するなど国家が混迷を深める中、マーラさんは特殊部隊員として独裁に反対する民衆から君主を守る役を演じている。  映画は映画祭初日のワールドプレミアで上映された。マーラさんは「主役を演じることは楽しかったが、台本がなく日々事前準備もできない中での撮影は難しかった。映画祭で上映された他の映画を見て勉強になり、カンヌは本当に素晴らしかった」と話した。  父の横浜さんは映画祭開催期間中、徳之島で陸稲を栽培するイベントの準備で大忙し。「娘がカンヌで俳優として最高の栄誉を得る中、私は小さなイベントのため奔走していた。脚光を浴びる舞台は違うがどちらも一生懸命で、こんな愉快なことはない」と笑った。

関連記事

長野日報社

国道伊南バイパス、リニア県駅まで延伸 期成同盟会設立へ

 飯島町、中川村と下伊那郡松川町、高森町は7月10日、国道153号伊南バイパスを飯田市に設置されるリニア中央新幹線の県駅まで延伸させることを目指し、「国道153号下市田・本郷間改良促進期成同盟会...

豊川特別支援学校と宝陵高校が作業交流

 豊川市大木町の県立豊川特別支援学校本宮校舎(藤井毅校長)の生徒は18日、校舎が併設されている宝陵高校(鈴木眞成校長)の生徒らと作業学習で交流した。  本宮校舎の高等部2、3年から26人、宝陵高校福...

荘内日報社

税負担など公益大生と対話

 自民党の「財政構造のあり方検討小委員会」(委員長・小渕優子元経済産業大臣)の衆院議員5人が17日、酒田市の東北公益文科大を訪れ、「財政に関する大学キャラバン」と題して、小渕委員長(45)=群馬5区=ら...

宇部日報社

地元企業の「ミズコシタロウ」が福島の発電所に採用

 宇部市中山の中村建設(中村廣義社長)の濁水処理装置「ミズコシタロウ」が、福島県いわき市勿来(なこそ)に建設が進む石炭ガス化複合発電(IGCC)設備を使った火力発電所の汚濁冷却水処理システムに採...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク