全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

カンヌ映画祭に徳之島2世招待 マーラさん、主演作品でレッドカーペット

カンヌ国際映画祭でレッドカーペットを歩く徳之島2世のマーラさん(横浜さん提供)

 先月14~25日にフランスで開催されたカンヌ国際映画祭に、鹿児島県の徳之島2世でフィリピンの女優マーラ・ロペス・ヨコハマさん(28)が招待された。主演する映画『ANg Hupa』が「監督週間」部門にノミネートされ、初めて同映画祭のレッドカーペットを歩いた。マーラさんは「フィリピンを代表して国際映画祭に参加するのは私の喜びであり、カンヌの地に来ることができ、本当に自分は恵まれている」と喜んだ。  マーラさんは徳之島町井之川の農業横浜寛さん(66)と、フィリピンの女優マリア・イザベル・ロペスさんの長女。母の影響で幼少期から芸能活動を始め、15歳から映画に出演した。2013年には同国の「シネマラヤ映画祭」で主演女優賞を獲得。15年には「あいち国際女性映画祭」からも招待を受けるなど、世界各国の映画祭に参加している。  今回の主演作は、フィリピン映画界の巨匠ラブ・ディアス監督の最新作で、2034年のフィリピンを舞台にした長編作品。伝染病がまん延し、火山が爆発するなど国家が混迷を深める中、マーラさんは特殊部隊員として独裁に反対する民衆から君主を守る役を演じている。  映画は映画祭初日のワールドプレミアで上映された。マーラさんは「主役を演じることは楽しかったが、台本がなく日々事前準備もできない中での撮影は難しかった。映画祭で上映された他の映画を見て勉強になり、カンヌは本当に素晴らしかった」と話した。  父の横浜さんは映画祭開催期間中、徳之島で陸稲を栽培するイベントの準備で大忙し。「娘がカンヌで俳優として最高の栄誉を得る中、私は小さなイベントのため奔走していた。脚光を浴びる舞台は違うがどちらも一生懸命で、こんな愉快なことはない」と笑った。

関連記事

長野日報社

ラベンダー摘み取り体験始まる 蓼科中央高原

 茅野市蓼科中央高原で地域活性化に取り組む女性グループ「美しの蓼科」は、国道299号沿いのカフェレストラン「蓼科花ファクトリー」近くのラベンダー畑で、摘み取り体験の受け入れを始めている。2年目...

荘内日報社

「ゆどのの山塩」と加工品を開発 温泉ぼんぼの源泉製塩

 鶴岡市熊出の「かたくり温泉ぼんぼ」の源泉を使った山塩「ゆどのの山塩」が開発され1日、記者発表された。強塩温泉を水蒸気の熱で間接的に温め、4日がかりで煮詰め塩にするもので、ミネラル分が多く、味はまろ...

紀伊民報社

海上遊歩道からクジラ

 和歌山県太地町が、森浦湾の一部を網で仕切って小型鯨類を放し飼いにする事業で設置した海上遊歩道が1日、オープンした。海上遊歩道の上から、近くを泳ぐバンドウイルカやハナゴンドウなどを見ることができ...

アニメ「ダイヤのA」と連携 グッズ製作検討、苫小牧をPR-苫小牧市と観光..

 苫小牧市と苫小牧観光協会は、同市の知名度向上へ、人気アニメ「ダイヤのA(エース) actⅡ(アクトツー)」と連携した観光PR事業をスタートさせる。主要な登場人物の中に同市出身のキャラクターがいる...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク