全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

イチビキ丈三桶が産業考古学会推薦産業遺産

 調味料メーカーのイチビキ(名古屋市、中村光一郎代表取締役社長)が豊川市御油町の第1工場に置く味噌(みそ)仕込み桶「丈三桶(じょうさんおけ)」が、産業考古学会推薦産業遺産に認定された。木製の味噌仕込み桶としては日本最大の大きさであることなどが評価された。

 丈三桶は1911(明治44)年、のちにイチビキ初代社長となる中村慶蔵が考案した仕込み桶で、底板直径と高さが約3・9㍍、容量約50㌧という巨大な桶。一般的な味噌仕込み桶が底板直径・高さが約1・8㍍、容量約5㌧であるのに対し、約10倍の味噌を仕込める。  これは当時「品質が安定し、うまくて、安い」味噌づくりを実現するため、巨大な桶を使用することで品質の均一化を実現し、お値打ちに提供するための工夫だった。同社の品質第一、創意・工夫の精神が込められており、100年以上経った現在でも現役で使用されている。  豊川市観光協会が市の魅力PRのため、優れた地域資源に認定する「とよかわブランド」にも認定されている。  産業考古学会推薦産業遺産とは1985(昭60)年に始まった認定制度で、保存を必要とする重要な産業遺産のうち、国や地方自治体による文化財指定を受けていないものに対し、産業考古学会が独自に選定・推薦している。

関連記事

長野日報社

国道伊南バイパス、リニア県駅まで延伸 期成同盟会設立へ

 飯島町、中川村と下伊那郡松川町、高森町は7月10日、国道153号伊南バイパスを飯田市に設置されるリニア中央新幹線の県駅まで延伸させることを目指し、「国道153号下市田・本郷間改良促進期成同盟会...

豊川特別支援学校と宝陵高校が作業交流

 豊川市大木町の県立豊川特別支援学校本宮校舎(藤井毅校長)の生徒は18日、校舎が併設されている宝陵高校(鈴木眞成校長)の生徒らと作業学習で交流した。  本宮校舎の高等部2、3年から26人、宝陵高校福...

荘内日報社

税負担など公益大生と対話

 自民党の「財政構造のあり方検討小委員会」(委員長・小渕優子元経済産業大臣)の衆院議員5人が17日、酒田市の東北公益文科大を訪れ、「財政に関する大学キャラバン」と題して、小渕委員長(45)=群馬5区=ら...

宇部日報社

地元企業の「ミズコシタロウ」が福島の発電所に採用

 宇部市中山の中村建設(中村廣義社長)の濁水処理装置「ミズコシタロウ」が、福島県いわき市勿来(なこそ)に建設が進む石炭ガス化複合発電(IGCC)設備を使った火力発電所の汚濁冷却水処理システムに採...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク