全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

帯広畜大屋上で本格養蜂 学生サークル

 帯広畜産大学の学生が大学敷地内で取り組む養蜂事業が今年度、本格的に始まった。研究棟の屋上でミツバチを飼育して蜂蜜を採取し、販売や商品開発につなげる。また、受粉を行い農業生産に不可欠なミツバチの魅力を伝えるため、イベントを企画する考え。

帯畜大の研究棟屋上に巣箱を設置し、養蜂を始めた学生サークル。左から2人目が萬田代表

 学生主体で地域活性化を図る「ちくだいらんぷ事業」の一環。同大大学院修士1年の萬田明さんが発案し、昨年度、学生サークル「BEEHAVE」を設立した。活動初年度は受粉用にハチを購入し、養蜂の技術や管理方法を学んだ。

 今年度は養蜂事業に必要な道への届け出を済ませた。5月下旬にミツバチ約1万6000匹を購入し、巣箱ごと屋上に設置。サークルに所属する学生は週1回世話し、新たな女王バチの羽化を防ぎ、ハチの健康状態を確認する。ハチは10万匹程度まで増え、蜂蜜は6月末から採取できる見込み。ハチの越冬にも挑戦する。

 蜂蜜は畜大ブランドでの販売やコラボ商品開発の他、季節によって異なる味の食べ比べや採蜜などのイベントも企画する。巣を作るために働きバチが分泌する蜜ろうの活用も検討する。保湿性が高く、リップクリームなどの美容商品開発が候補に挙がっている。

 昨年度、ハチを飼育する中で、天候によって機嫌が悪くなることを発見。曇りの日は花の開き具合が悪く蜜や花粉が思うように取れないためか、攻撃的になると分析している。

 サークルには今年度、新入学生が加入し、会員は20人に増えた。畜産科学課程1年の加藤瑠菜さんは「女王バチや働きバチの役割などを知りたい。蜂蜜も食べてみたい」と興味津々。代表を務める萬田さんは「怖いイメージもあるが、ミツバチは農業に貢献する重要な昆虫。商品をツールに、その役割や存在を広めていきたい」と話す。

ミツバチの状態を確認する萬田代表

関連記事

鹿追・然別湖コタン 今年は500円 入場に協賛金

 鹿追町や十勝の風物詩となっている冬のイベント「しかりべつ湖コタン」(実行委、鹿追町主催)が29日午前9時に開幕する。今回からイベント継続を目的に、入場する際の協賛金制度を設けた。  コタンは...

北羽新報社

医療用かつらに使って 能代市の小3男児がヘアドネーション

 病気などで脱毛などに悩む子どもたちの医療用かつらに役立ててもらおうと髪の毛を寄付する「ヘアドネーション」に興味を持ち、2年以上も髪を伸ばしてきた能代市向能代小3年の菅原凜君(8)=同市落合=...

海外の高校生と討論・交流 ディベート世界大会に初出場 大島高校英語部

 鹿児島県奄美市名瀬の県立大島高校英語部(脇本由里香顧問、部員18人)の2年生3人は21~22日、オンラインで開催された「第7回PDA高校生パーラメンタリーディベート世界交流大会」に出場した。1...

長野日報社

「わらいずみ」注文続々 長野県飯島町の南信州米俵保存会に

 大相撲の土俵をはじめわら細工を幅広く手掛ける長野県飯島町の南信州米俵保存会に、ミシュランに掲載される東京のすし店などから特別注文が相次いでいる。特注品は本来炊いた飯を保温するために使うかご「...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク