全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

おもちゃ病院も人手不足、協力呼び掛け

おもちゃを治療してもらう子ども(市民活動センターで)

 壊れたおもちゃを無償で修理しているボランティア団体、宇部おもちゃ病院(山﨑精二院長)は、2004年の開院以来、地道な活動を続けている。しかし、近年は人手不足が深刻化しており、子どもたちの喜ぶ顔を見るのが好きな「ドクター」と「ナース」を新たに募っている。    同団体では、40~80歳代の男女10人が活動している。定年前はメーカーで研究や製造に携わっていた人、本格的な修理は未経験だった人などさまざま。活動は月3回ほどで、市内のイベント、幼・保育園にも「往診」する。    メンバー数は高齢化で設立当初の約3割まで減った。依頼数も減少しており、昨年は過去14年間で2番目に少ない202点。スマートフォンゲームの普及などでおもちゃ病院を取り巻く環境が変わり、修理済みを取りに来ない人も増えたという。    市民活動センターでは月1回、壊れたおもちゃを修理している。5月の開院日には子ども連れ、祖父母ら11組が来場した。担当ドクターは持ち込まれたクレーンゲーム、音声付きペン、動くぬいぐるみなどを1個当たり30分から1時間で修理した。     同センターでの開院日は、毎月第2土曜日の午後1~4時で、見学自由。ドライバーでおもちゃ内部の電池を交換できればドクターになれる。ナースはカルテを作り、生地を縫う。    山﨑院長(71)は「子どもたちに物を大切にする気持ち、科学する心を知ってもらいたい。そのためにもメンバーを増やし、活動を盛り上げたい」と話す。

関連記事

荘内日報社

日本酒「寒造り」最盛期に入る 庄内の各酒蔵

 庄内の各酒蔵で、日本酒の「寒造り」が最盛期に入った。  寒造り(寒仕込み)は、余計な雑菌の繁殖が抑えられる冬場に行われる。もろみをゆっくり発酵させることで良質な酒に仕上がる。かつて酒は「...

紀伊民報社

イチゴ狩りキャンセル相次ぐ コロナ拡大、体験観光に影響

 新型コロナウイルスの感染拡大が、南部梅林(和歌山県みなべ町)の開園中止など御坊・日高の観光に影響を及ぼしている。観光農園などの体験型観光でもキャンセルが相次ぎ、関係者は落胆の表情を浮かべている...

助け合って生活 豊丘地区の住民生活実態調査結果 高齢化で交通面に不安 旭川大..

旭川大学の学生は24日、厚真町豊丘地区の住民に実施した生活実態調査の報告会をオンラインで行った。保健福祉学部コミュニティ福祉学科の2年生30人が、農地継承や後期高齢者の現状などについて、画面越しに...

先週コロナ急拡大 十勝192人 帯広153人

 道は24日、先週(16~22日)の市町村別新型コロナウイルス感染者数を公表した。十勝管内は192人で、先々週(9~15日)の43人から急拡大。帯広は153人で昨年8月22~28日以来の100人超...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク