全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

石垣島産パイン使用 沖縄「バヤリース」新商品

アサヒオリオン飲料㈱の新商品、沖縄「バヤリース」石垣島パイン。4日から県内各地で発売される

 アサヒオリオン飲料㈱(本社・浦添市、石原哲也代表取締役社長)は石垣島産パイナップル果汁を使用した新商品、沖縄「バヤリース」石垣島パインを4日から沖縄県内限定で発売する。果実本来の甘酸っぱい香りを生かした爽やかな甘みと酸味の絶妙なバランスが、これから夏に向けぴったりの飲料となっている。県内の量販店やコンビニ、自動販売機で販売する。価格は500㍉ペットボトル1本あたり160円(税別)。同社は県内で広く愛飲されることで、石垣島産パインの認知度向上と消費拡大につなげたい考えだ。

 商品の特長は、保存料・人工甘味料ゼロ、パイン果汁率10%未満。石垣島で収穫したハワイ種のパインを鮮度・糖度・酸味の樹熟原料のみを石垣島の工場で皮ごと搾り、濃縮せずそのまま冷凍保存した果汁を使用。商品の開発期間に1年半を要し、2019年の販売数量は24万本(1万ケース)を計画。

 発売を前に3日午前、石原社長らが市役所に中山義隆石垣市長を訪ね、新商品をPRした。

 石原社長は商品の紹介や会社概要を説明し、「沖縄のオリジナルブランドとして、新商品を発売することで地域に貢献したい」と思いを語り、石垣市の6次産業化をサポートしていく考えも示した。

 試飲した中山市長は「パインの果実をそのまま食べたように、ハワイ種の甘味や風味が口の中に広がっておいしい」と絶賛した。

 同社はアサヒ飲料㈱、オリオンビール㈱各社の清涼飲料水の販売を展開。2015年にアサヒ飲料㈱が沖縄バヤリースの飲料事業を継承したことで、沖縄バヤリースブランドの商品製造・販売を行っている。

関連記事

荘内日報社

日本酒「寒造り」最盛期に入る 庄内の各酒蔵

 庄内の各酒蔵で、日本酒の「寒造り」が最盛期に入った。  寒造り(寒仕込み)は、余計な雑菌の繁殖が抑えられる冬場に行われる。もろみをゆっくり発酵させることで良質な酒に仕上がる。かつて酒は「...

紀伊民報社

イチゴ狩りキャンセル相次ぐ コロナ拡大、体験観光に影響

 新型コロナウイルスの感染拡大が、南部梅林(和歌山県みなべ町)の開園中止など御坊・日高の観光に影響を及ぼしている。観光農園などの体験型観光でもキャンセルが相次ぎ、関係者は落胆の表情を浮かべている...

助け合って生活 豊丘地区の住民生活実態調査結果 高齢化で交通面に不安 旭川大..

旭川大学の学生は24日、厚真町豊丘地区の住民に実施した生活実態調査の報告会をオンラインで行った。保健福祉学部コミュニティ福祉学科の2年生30人が、農地継承や後期高齢者の現状などについて、画面越しに...

先週コロナ急拡大 十勝192人 帯広153人

 道は24日、先週(16~22日)の市町村別新型コロナウイルス感染者数を公表した。十勝管内は192人で、先々週(9~15日)の43人から急拡大。帯広は153人で昨年8月22~28日以来の100人超...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク