全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

JALの機内誌に東三河特集

 日本航空の機内誌「SKYWARD(スカイワード)」6月号で豊橋祇園祭の手筒花火と豊川稲荷が8ページにわたって特集されている。

 同社は4月から「新JAPAN PROJECT」を展開。6月は愛知を取り上げ、県の伝統工芸やグルメを紹介する機内ビデオを作成し、県産農産物を使用した機内食を提供するなど地域プロモーション活動を行っている。  特集記事は英語で書かれており、外国人へ広く東三河について知ってもらう狙いがある。  記事では、豊橋市の吉田神社が手筒花火発祥の地であることを迫力ある写真と共に紹介。豊橋祇園祭奉賛会の酒井数美会長にインタビューを行っている。酒井会長は「私自身40年以上やっているが、満足に上げることができたのは2、3回しかない」「最近は観客のSNSへの投稿が盛んなので、映像に残ってもいいようクールな表情を心掛けている」などリアルな思いを語っている。  また豊川稲荷の記事は、キツネの石像約1000体が並ぶ霊狐塚(れいこづか)を特集。「信者から奉納された狐像は、表情が様々で1つとして同じ顔はない。眺めているだけで目を楽しませてくれる」と紹介している。  豊川稲荷で受付事務をしている林勉道さんは「機内誌に英語記事が載ったことで外国人のお客さんが増えたらいい」と期待を口にした。  他には名古屋城、常滑市の「とこなめ招き猫通り」、犬山市の「あいち航空ミュージアム」など県の観光名所を歴史と共に紹介している。

関連記事

長野日報社

国道伊南バイパス、リニア県駅まで延伸 期成同盟会設立へ

 飯島町、中川村と下伊那郡松川町、高森町は7月10日、国道153号伊南バイパスを飯田市に設置されるリニア中央新幹線の県駅まで延伸させることを目指し、「国道153号下市田・本郷間改良促進期成同盟会...

豊川特別支援学校と宝陵高校が作業交流

 豊川市大木町の県立豊川特別支援学校本宮校舎(藤井毅校長)の生徒は18日、校舎が併設されている宝陵高校(鈴木眞成校長)の生徒らと作業学習で交流した。  本宮校舎の高等部2、3年から26人、宝陵高校福...

荘内日報社

税負担など公益大生と対話

 自民党の「財政構造のあり方検討小委員会」(委員長・小渕優子元経済産業大臣)の衆院議員5人が17日、酒田市の東北公益文科大を訪れ、「財政に関する大学キャラバン」と題して、小渕委員長(45)=群馬5区=ら...

宇部日報社

地元企業の「ミズコシタロウ」が福島の発電所に採用

 宇部市中山の中村建設(中村廣義社長)の濁水処理装置「ミズコシタロウ」が、福島県いわき市勿来(なこそ)に建設が進む石炭ガス化複合発電(IGCC)設備を使った火力発電所の汚濁冷却水処理システムに採...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク