全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

ふれあい公演堪能 波照間島で16年ぶり 八重山古典音楽 安室流協和会

16年ぶりに波照間島で行われた、八重山古典音楽安室流協和会のふれあい公演=5月18日、波照間農村集落センター(同会提供)

 八重山古典音楽安室流協和会(宮良彦一会長)はこのほど、波照間農村集落センターで、介護福祉施設「すむづれの家」(屋良部功理事長)のお年寄りら約20人を招いて「ふれあい公演」を開いた。同会が波照間島で公演を行うのは2003年以来16年ぶり。石垣島の本部、西表、小浜、与那国の各支部のほか、宮城千代舞踊研究所から計26人が参加し、地元のお年寄りらを対象に歌と踊りを繰り広げる舞台を実現させた。

 長年、会員が不在となっている波照間島で同会のPRを兼ねて昨年度に一度計画したが悪天候で中止していた。

 公演は舞踊「鷲ぬ鳥節」で幕開けし、「波照間口説」や「ちょうが節」、「波照間ぬ島節」のほか、与那国支部による斉唱「入船」など、波照間島に関連がある演目が多く披露され、もーやーで締めくくるまで大いに盛り上がった。

 公演前には、波照間在住の内原勲さんの案内で歌の発祥となる地や史跡などを巡り、祖平宇根之碑の前では「祖平花節」、日本最南端之碑では「波照間島節」などを斉唱。八重山古典音楽に対して知識を深めた。

 与那国から来島し、「大浦越路節」を独唱した池田真鈴さん(中2)は「たくさんの人にほめていただき、うれしかった。これからもいろいろな島に行って歌いたい」と話した。

関連記事

豊川もりあげ隊が明石で田植え

 豊川市のNPO法人「豊川いなり寿司で豊川市をもりあげ隊」はこのほど、11月23、24両日にご当地グルメによるまちおこしの祭典「B-1グランプリin明石」が開催される兵庫県明石市で田植えを行った。米は...

紀伊民報社

300人がタイム競う 田辺で遠泳大会

 和歌山県田辺市の扇ケ浜海水浴場で16日、遠泳大会「第6回南紀田辺・扇ケ浜オープンウオータースイミング」(実行委員会主催、紀伊民報など後援)があった。約300人が参加した。  しかし、高波の影響...

竹島水族館で「わたし一肌脱ぎます」展

 脱皮をしたり、他の生物のために懸命になる水生生物をを紹介する企画展「わたし一肌脱ぎます」展が、蒲郡市竹島水族館で開かれている。魚やエビなど9種類を展示している。7月8日まで。  脱皮する生物で...

長野日報社

暗闇に舞うホタルの淡い光跡 辰野の松尾峡

蛍の名所として知られる、長野県辰野町の松尾峡(ほたる童謡公園)で、ゲンジボタルの乱舞が始まった。暗闇の中で淡い光跡を描いて幻想的な風景をつくり出し、訪れる人たちを魅了している。15日には恒例の...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク