全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

ふれあい公演堪能 波照間島で16年ぶり 八重山古典音楽 安室流協和会

16年ぶりに波照間島で行われた、八重山古典音楽安室流協和会のふれあい公演=5月18日、波照間農村集落センター(同会提供)

 八重山古典音楽安室流協和会(宮良彦一会長)はこのほど、波照間農村集落センターで、介護福祉施設「すむづれの家」(屋良部功理事長)のお年寄りら約20人を招いて「ふれあい公演」を開いた。同会が波照間島で公演を行うのは2003年以来16年ぶり。石垣島の本部、西表、小浜、与那国の各支部のほか、宮城千代舞踊研究所から計26人が参加し、地元のお年寄りらを対象に歌と踊りを繰り広げる舞台を実現させた。

 長年、会員が不在となっている波照間島で同会のPRを兼ねて昨年度に一度計画したが悪天候で中止していた。

 公演は舞踊「鷲ぬ鳥節」で幕開けし、「波照間口説」や「ちょうが節」、「波照間ぬ島節」のほか、与那国支部による斉唱「入船」など、波照間島に関連がある演目が多く披露され、もーやーで締めくくるまで大いに盛り上がった。

 公演前には、波照間在住の内原勲さんの案内で歌の発祥となる地や史跡などを巡り、祖平宇根之碑の前では「祖平花節」、日本最南端之碑では「波照間島節」などを斉唱。八重山古典音楽に対して知識を深めた。

 与那国から来島し、「大浦越路節」を独唱した池田真鈴さん(中2)は「たくさんの人にほめていただき、うれしかった。これからもいろいろな島に行って歌いたい」と話した。

関連記事

荘内日報社

「紅花の守人」「丸八やたら漬」 映画撮影の思い 鶴岡まちキネ 佐藤監督と髙..

 山形県を舞台にしたドキュメンタリー映画「紅花の守人(もりびと)」と「丸八やたら漬 Komian」を上映中の鶴岡まちなかキネマで15日、両作品の監督・佐藤広一(こういち)さん(44)=天童市在住=とプ...

八重山古典民謡保存会 2年ぶり新春演奏会 45周年へ心一つに

 八重山古典民謡保存会(大浜修会長)の新春演奏会が16日夕、大川公民館で開かれ、会員25人余りが鷲ぬ鳥節や目出度節など全14曲を披露した。演奏会は2年ぶり。新型コロナウイルス感染拡大防止のため規模を縮...

荘内日報社

庄内町地酒消費拡大キャンペーン プレミアム付き購入券発行へ 2月1日から町..

 庄内町観光協会は11日、「庄内町地酒消費拡大キャンペーン」と銘打ち、同町内の酒蔵「鯉川酒造」と「やまと桜」が製造する地酒をお得に購入できる「プレミアム付き地酒購入券」の発行を発表した。購入券は町内1...

荘内日報社

若者の感性でラベルデザイン 清酒「清泉川」のオードヴィ庄内が純米酒2種発売 ..

雪若丸の特長生かし 粒立ち良さ立体的に  清酒「清泉川」のオードヴィ庄内(酒田市浜中、佐藤晴之社長)は今春、県産ブランド米「雪若丸」で醸造した初搾り純米酒「オードヴィヌーボー」2種を一般発売する。...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク