全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

フェニックスBリーグ試合会場で挙式

ブースターらに結婚指輪を披露する有喜さん(左)と優美さん=豊橋市総合体育館で

 豊橋市在住のカップルが31日、男子プロバスケットボールBリーグの三遠ネオフェニックスのホームゲームが行われた同市総合体育館で結婚式を挙げ、選手やブースター(ファン)らから祝福を受けた。  2人は、ともに同市役所に勤務する公務員の三浦有喜さん(29)と優美さん(24)。1日1組限定の「夢をカタチにする」挙式を実施しているプリエールグループ(豊川市)により、好きなフェニックスのホームゲーム会場で「アリーナウエディング」を実現させた。  Bリーグが始まった昨シーズンからフェニックスのホーム試合を観戦。「迫力があり、演出も凝っていて盛り上がる」。以来、2人はデートスポットにして観戦を重ね、昨季は10回以上足を運んだという。  「結果に一喜一憂し、負けたときは落ち込むんです」と口をそろえる2人。フェニックスへの愛着とともに、愛をはぐくんできた。  「ブースターの1人としてフェニックスがメディアに多く取り上げられてほしい気持ちもあり、試合会場で結婚式を挙げたいと考えた」という有喜さんに、優美さんも快諾した。  この日は、シーホース三河戦の試合前に大勢のブースターに見守れながら人前式。有喜さんがプロポーズし、2人で「夫婦として歩むことを誓います」と宣言した。指輪を披露し、結婚証明書にサインをすると、結婚を承認するブースターの大きな拍手に包まれた。  「選手にも『おめでとう』と声を掛けていただき、三河のブースターを含めたくさんの人が祝ってくれ、うれしかったです」と有喜さん。優美さんも「シーホース側、選手も声を掛けていただき、こんな機会はありません」と喜んでいた。

関連記事

きょうだけ!! 特大シジミ漁 大樹・生花苗沼

 大樹町の生花苗沼(オイカマナイトー)で15日、年に1日だけのヤマトシジミ漁が行われた。漁業者は殻の大きさが5センチ以上にもなる特大シジミを、泥の中から手探りで掘り出した。  大樹漁協(神山...

宇部日報社

おしゃれな「おでかけマスク」紹介

 山口市大殿大路のアトリエ「a.p.r」(片山涼子代表)の「おでかけマスク展」が、駅通り2丁目の飲食店「hangout(ハングアウト)」で開かれている。和風柄などがおしゃれな布マスク30種類以上...

釧路新聞社

タンチョウのひな誕生【釧路】

   釧路市公園緑化協会は、市丹頂鶴自然公園でタンチョウのひなが誕生したと発表した。同公園での新たなひなの誕生は2018年6月15日以来約2年ぶり。  飼育員の高嶋賢治さんによると、同公園のBケー...

アオウミガメふ化 「20年後に戻ってきて」

 ウミガメの子どもが砂の中から現れて大海へ泳ぎ出ていく―。石垣島北部の海岸で13日、ウミガメのふ化が確認され、小さなアオウミガメたちが足をばたつかせながら障害物を乗り越えて行った。  子ガメたち...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク