全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

フェニックスBリーグ試合会場で挙式

ブースターらに結婚指輪を披露する有喜さん(左)と優美さん=豊橋市総合体育館で

 豊橋市在住のカップルが31日、男子プロバスケットボールBリーグの三遠ネオフェニックスのホームゲームが行われた同市総合体育館で結婚式を挙げ、選手やブースター(ファン)らから祝福を受けた。  2人は、ともに同市役所に勤務する公務員の三浦有喜さん(29)と優美さん(24)。1日1組限定の「夢をカタチにする」挙式を実施しているプリエールグループ(豊川市)により、好きなフェニックスのホームゲーム会場で「アリーナウエディング」を実現させた。  Bリーグが始まった昨シーズンからフェニックスのホーム試合を観戦。「迫力があり、演出も凝っていて盛り上がる」。以来、2人はデートスポットにして観戦を重ね、昨季は10回以上足を運んだという。  「結果に一喜一憂し、負けたときは落ち込むんです」と口をそろえる2人。フェニックスへの愛着とともに、愛をはぐくんできた。  「ブースターの1人としてフェニックスがメディアに多く取り上げられてほしい気持ちもあり、試合会場で結婚式を挙げたいと考えた」という有喜さんに、優美さんも快諾した。  この日は、シーホース三河戦の試合前に大勢のブースターに見守れながら人前式。有喜さんがプロポーズし、2人で「夫婦として歩むことを誓います」と宣言した。指輪を披露し、結婚証明書にサインをすると、結婚を承認するブースターの大きな拍手に包まれた。  「選手にも『おめでとう』と声を掛けていただき、三河のブースターを含めたくさんの人が祝ってくれ、うれしかったです」と有喜さん。優美さんも「シーホース側、選手も声を掛けていただき、こんな機会はありません」と喜んでいた。

関連記事

長野日報社

地域の風景に溶け込み60年 登喜和冷凍食品の煙突解体へ

 伊那市市街地の西町で、ひときわ高くそびえる登喜和冷凍食品本社のコンクリート製煙突が近く、解体されることになった。60年余り前の建築で高度経済成長のシンボルともいえる存在だったが、安全面も考...

新城で大団扇を背負う「放下おどり」

 高さ3㍍の大団扇(おおうちわ)を背負い、太鼓を打ち鳴らして踊る「放下おどり」が14日、新城市大海で行われた。  踊りは室町時代中期に放下僧が伝えたとされる民俗芸能。毎年盆の時期大海地区はじめ、名...

宇部日報社

お盆に合わせて常夜灯を点灯

 盆に合わせて、江戸時代に造られた山口県山陽小野田市刈屋漁港の常夜灯が点灯された。幻想的な光を放ち、船を導く役割を担った当時の面影をしのばせている。20日まで午後8~11時に点灯する。常夜灯は1...

荘内日報社

公益大生がカフェ開設

 東北公益文科大学(酒田市、吉村昇学長)の学生有志でつくる地域おこし団体「Praxis(プラクシス)」(加藤雄大代表)は来月上旬、同市日向地区の空き部屋を活用してカフェサロン「AL COFFEE」...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク