全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

庄内・遊佐太陽光発電所 基金創設へ5者が協定締結

 生活クラブ事業連合生活協同組合連合会(生活クラブ、加藤好一会長)、特定目的会社「庄内自然エネルギー発電」(東京都、社長=新田嘉七平田牧場社長・庄内親生会長)などは、遊佐町吉出に出力18メガ㍗の大規模太陽光発電施設「庄内・遊佐太陽光発電所」を建設し、今年2月から稼働。発電に伴う剰余金を地域づくりに活用する基金「庄内・遊佐太陽光発電基金(仮称)」の創設に向けた協定締結式が30日、酒田市のガーデンパレスみずほで行われた。基金は酒田市が創設、協定を締結した5者で設立する協議会で助成先などを決める。

 生活クラブと庄内地域の生産者・行政は半世紀余にわたり、米、畜産物をはじめとした農産物の供給などを通して深い携携を築き上げてきた。今回の発電施設建設、基金創設は、食(Food)、エネルギー(Energy)、福祉(Care)の自給圏を構築する「庄内FEC自給ネットワーク構想」の一環。

 発電施設は、砕石会社跡地で原野、山林、雑種地が混在する約31㌶の敷地内に太陽光パネル6万6440枚を設置している。合計出力は18メガ㍗で、年間発電量は約5700世帯分に相当する1万8000メガ㍗時を見込んでおり、二酸化炭素削減効果は年間7600㌧。今年2月に稼働、東北電力などに売電している。

 締結式では、約200人が見守る中、庄内自然エネルギー発電の新田社長、生活クラブの加藤会長、酒田市の丸山至市長、遊佐町の時田博機町長、庄内親生会の齋藤三郎専務理事が協定書に署名した。基金への寄付額は発電状況で決定する方針で、5者による「庄内・遊佐太陽光発電基金運営協議会(仮称)」を今後立ち上げる。剰余金の活用法としては、移住・定住といった持続可能な地域づくりに寄与する事業などを想定している。

発電に伴う剰余金を地域づくりに活用する基金の創設に向けて協定書に調印した新田庄内自然エネルギー発電社長(中央)ら5者の代表=酒田市のガーデンパレスみずほ

 新田社長は「良い施設ができたと自負している。酒田、遊佐両市町と協議しながら、特に移住・定住、福祉といった『Care』の部分に積極的に基金を拠出し、一緒にさまざまな活動ができたら」と話した。

 締結式に先立ち発電施設の現地見学会も行われ、庄内自然エネルギー発電の半澤彰浩さん(生活クラブ専務理事)が施設の概要を説明。また、ガーデンパレスみずほに場所を移し、再生可能エネルギーをテーマにした記念講演、パネル討議も行われた。

遊佐町吉出地区に完成、稼働している「庄内・遊佐太陽光発電所」。見学会に訪れた人たちが記念撮影

関連記事

荘内日報社

「いじめのない学校づくり」発信!! 三川・東郷小運営委員会 オリジナル演劇..

 三川町の東郷小学校(海藤陽子校長、児童122人)の児童が、いじめ問題に取り組んでいる。6年生の運営委員が中心となり、オリジナルの「いじめ演劇」を作って全校児童を前に発表。劇を見た感想を求めるなどして...

紀伊民報社

駐日トルコ大使が初来県 就任後初の公式訪問

 トルコのコルクット・ギュンゲン駐日大使(53)が20日、就任後初の公式訪問で来県した。県立博物館(和歌山県和歌山市)で、約130年前に串本町の樫野崎沖で沈没したトルコ軍艦エルトゥールル号によっ...

池田のお店動画 注目道内一 裏メニュー紹介や店内突撃

 池田町商工会(平井昌行会長)が動画共有サイトYouTube(ユーチューブ)https://wwwyoutubecom/channel/UCTcTkRYf6sKkLzeuAqUVcuwの公式チャンネルを活用し、町内事業者を紹介する動画を配信している。...

宇部日報社

大寒に合わせ山陽小野田市の妙徳寺で寒行

 一年で最も寒さが厳しいとされる二十四節気の一つ「大寒」の20日に合わせて、山陽小野田市野中にある妙徳寺(荒川英良住職)で寒行と祈願回りが始まった。29日までの毎晩、檀家(だんか)の人たちが市内...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク