全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

MOMO日本酒が燃料 大樹IST「4号機」

モモ4号機に燃料として注入される日本酒「紀土」とIST社員。今後、特製ラベルも店頭に並ぶ

 大樹町内の宇宙ベンチャー企業インターステラテクノロジズ(IST、稲川貴大社長)が開発している観測ロケット「MOMO(モモ)」4号機の打ち上げで、スポンサー企業の日本酒が燃料として使用されることになった。液体燃料のエタノールに混ぜる計画で、画期的な商業打ち上げとして話題を呼びそうだ。

 4日に最大高度113.4キロ(速報値)に到達したモモ3号機の打ち上げ実験では、スポンサーのGROSEBAL(相模原市)が販売する「とろけるハンバーグ」を搭載した。

 年内の打ち上げを目指しているモモ4号機では、新スポンサーの平和酒造(和歌山県海南市、山本典正社長)が製造販売する日本酒「紀土(きっど)」が燃料に加わる。ISTによると、紀土を蒸留したものをエタノールに混ぜる。

 平和酒造は1928年創業。紀土は「インターナショナル・ワイン・チャレンジ」(略称・IWC、ロンドン)の「SAKE部門」で金賞に輝くなど、人気銘柄として知られている。

 山本社長はIST創業者の堀江貴文氏と親交があり、3号機の打ち上げも現地で見学した。同社は「ISTや堀江氏の宇宙への情熱に共感した」と、スポンサー契約の締結を決めた。

 同社は27日から特製ラベル「紀土 純米大吟醸 宙(そら)へ!!」を出荷。7月末までの期間限定で販売し、費用を除いた利益のほぼ全てをISTに開発費用として提供する。

関連記事

紀伊民報社

夏の応援団参上 大学生が「海の家」

 和歌山県田辺市の扇ケ浜海水浴場で、和歌山大学と関西大学の学生がそれぞれ運営する「海の家」が20日にオープンする。田辺の夏を盛り上げる「応援団」として毎夏の恒例となっている。両大学生は「家族連れ...

荘内日報社

ポーランド・スコブロンキ女声合唱団 鶴岡の高校生と交流のハーモニー

 ポーランド・ポズナン市の「スコブロンキ女声合唱団」を迎えたコンサートが18日、鶴岡市の鶴岡アートフォーラムで開かれ、市内の高校生と共演し、交流のハーモニーを響かせた。  同合唱団は1950年設立。海...

宇部日報社

薩長同盟第2弾の日本酒完成

 山口、鹿児島両大の学生らが共同で造った純米吟醸原酒「ふれんど」が、20日から販売される。山口市役所で18日、発表会が開かれ、商品の名付け親となりラベルのデザインを手掛けた、作家で美術家の大宮エ...

立てないヤギ 車いすで復帰 おびひろ動物園

 おびひろ動物園(柚原和敏園長)の高齢のヤギ「ユズ」(雌、9歳)は昨年秋に左前足の不調で立つことができなくなったが、6月から、飼育展示係のスタッフが改造した車いすを使い、わずかながら歩けるようにな...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク