全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

MOMO日本酒が燃料 大樹IST「4号機」

モモ4号機に燃料として注入される日本酒「紀土」とIST社員。今後、特製ラベルも店頭に並ぶ

 大樹町内の宇宙ベンチャー企業インターステラテクノロジズ(IST、稲川貴大社長)が開発している観測ロケット「MOMO(モモ)」4号機の打ち上げで、スポンサー企業の日本酒が燃料として使用されることになった。液体燃料のエタノールに混ぜる計画で、画期的な商業打ち上げとして話題を呼びそうだ。

 4日に最大高度113.4キロ(速報値)に到達したモモ3号機の打ち上げ実験では、スポンサーのGROSEBAL(相模原市)が販売する「とろけるハンバーグ」を搭載した。

 年内の打ち上げを目指しているモモ4号機では、新スポンサーの平和酒造(和歌山県海南市、山本典正社長)が製造販売する日本酒「紀土(きっど)」が燃料に加わる。ISTによると、紀土を蒸留したものをエタノールに混ぜる。

 平和酒造は1928年創業。紀土は「インターナショナル・ワイン・チャレンジ」(略称・IWC、ロンドン)の「SAKE部門」で金賞に輝くなど、人気銘柄として知られている。

 山本社長はIST創業者の堀江貴文氏と親交があり、3号機の打ち上げも現地で見学した。同社は「ISTや堀江氏の宇宙への情熱に共感した」と、スポンサー契約の締結を決めた。

 同社は27日から特製ラベル「紀土 純米大吟醸 宙(そら)へ!!」を出荷。7月末までの期間限定で販売し、費用を除いた利益のほぼ全てをISTに開発費用として提供する。

関連記事

21日に新昌寺で鳥居強右衛門の450回忌法要

 1575年にあった「長篠・設楽原の戦い」で長篠城を守ろうと奔走した足軽鳥居強右衛門(とりいすねえもん)の450回忌法要が、墓のある新城市有海の「新昌寺」で21日に営まれる。  強右衛門は長...

釧路新聞社

釧路の名産品動画で紹介 鬼霧シアンさん配信【釧路市】

 釧路市を拠点に活動するバーチャルキャラクター「鬼霧シアン」さんが、釧路の名産品を動画で紹介する新動画「買っていいとも!」を、ユーチューブで配信している。鬼霧さんは「楽しい番組に仕上げているのでぜ...

釧路新聞社

阿寒国立公園誕生の背景と物語 佐藤、松橋、塩さん「復刻三恩人」発行【釧路..

 「無名だった阿寒はなぜ日本初の国立公園指定に含まれたのか?!」というメッセージを込めた著書が、日本の国立公園元年・阿寒摩周国立公園が指定されて90周年を記念して「復刻阿寒国立公園の三恩人+プラス...

荘内日報社

球春到来!! 平田杯13年ぶり単独開催 高校野球 庄内10チーム20日まで熱戦

 第98回平田杯庄内高校野球大会が13日、鶴岡ドリームスタジアムで開幕した。爽やかな晴天の下、球児たちがはつらつプレーを繰り広げ、庄内に「球春到来」を告げた。  同大会は1927年に鶴岡野球協会(現...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク