全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

高速道路「串本太地」を事業化

 国の2018年度予算が成立したことを受け、国土交通省は30日、予算配分を発表した。県関係のうち、東牟婁郡を通る「串本太地道路」(18・4キロ)の整備を新規事業とし、2億円を計上した。「すさみ串本道路」(19・2キロ)の整備事業には、17年度の当初予算と比べて2倍超の84億円を付けた。18年度から工事が始まるという。  串本太地道路は、和歌山県串本町と太地町に近い那智勝浦町八尺鏡野を結ぶ片側1車線。両端以外では古座川近くにインターチェンジ(IC)を設け、すでに開通している那智勝浦新宮道路と、すさみ串本道路につなげる。  予算計上に先立って16日に開かれた国交省の有識者会合では、災害への備えや医療機関へのアクセス、観光振興の点などから「事業化は妥当」と評価されていた。  新規事業化を受け、仁坂吉伸知事は「県域の紀伊半島一周高速道路の実現に向けた道筋がおおむね整うことになり、心から感謝している。すでに事業に着手している道路も含め、一日も早く完成していただけるよう国や関係機関に働き掛けていく」とのコメントを出した。  すさみ串本道路は、紀勢自動車道すさみ南ICと串本町を結ぶ片側1車線。区間の中央付近にICを設ける計画。整備に向けた事業は14年度に始まった。用地買収は県が国から受託していて、県によると順調に進んでいるという。4月15日には串本町で起工式が予定されている。  18年度予算ではこのほか、田辺西バイパスの整備に15億円、新宮市と三重県紀宝町を結ぶ新宮紀宝道路の事業には三重県分を合わせて25億8500万円を計上した。

関連記事

長野日報社

出征兵の日章旗 駒ケ根に74年ぶり帰郷

 長野県駒ケ根市出身で、太平洋戦争中に中国で戦死した櫛田正一さん=享年36歳=が身に着けていた日章旗が、74年ぶりに同市下平に住む長女の正子さん(80)に返還された。22日に市役所でセレモニー...

鈴鹿8耐レース出場を報告

豊橋市長を表敬訪問  オートバイレースの真夏の祭典「鈴鹿8耐久ロードレース」(28日)に、豊橋市の4輪・2輪車の部品メーカー武蔵精密工業がスポンサーを務めるレーシングチーム「ムサシRTハルク...

荘内日報社

鶴岡・5商店街連携 ツナガル夏まつり

 鶴岡市の中心市街地の5つの商店街が連携した「商店街連携ツナガル夏まつり」が20日夜、連続する山王、銀座、南銀座の3つの通りの約1・2㌔区間を歩行者天国にして行われた。さまざまな飲食の販売や多彩なイベン...

紀伊民報社

メッセージ花火とキャンドル 白良浜の夜彩る

 和歌山県白浜町の白良浜で20日夜、夏恒例のイベント「キャンドルイルミネーション」と「メッセージ花火」があった。ろうそくを立てた紙袋が砂浜に並ぶ中、大切な人への思いが込められたメッセージとともに...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク