全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

高速道路「串本太地」を事業化

 国の2018年度予算が成立したことを受け、国土交通省は30日、予算配分を発表した。県関係のうち、東牟婁郡を通る「串本太地道路」(18・4キロ)の整備を新規事業とし、2億円を計上した。「すさみ串本道路」(19・2キロ)の整備事業には、17年度の当初予算と比べて2倍超の84億円を付けた。18年度から工事が始まるという。  串本太地道路は、和歌山県串本町と太地町に近い那智勝浦町八尺鏡野を結ぶ片側1車線。両端以外では古座川近くにインターチェンジ(IC)を設け、すでに開通している那智勝浦新宮道路と、すさみ串本道路につなげる。  予算計上に先立って16日に開かれた国交省の有識者会合では、災害への備えや医療機関へのアクセス、観光振興の点などから「事業化は妥当」と評価されていた。  新規事業化を受け、仁坂吉伸知事は「県域の紀伊半島一周高速道路の実現に向けた道筋がおおむね整うことになり、心から感謝している。すでに事業に着手している道路も含め、一日も早く完成していただけるよう国や関係機関に働き掛けていく」とのコメントを出した。  すさみ串本道路は、紀勢自動車道すさみ南ICと串本町を結ぶ片側1車線。区間の中央付近にICを設ける計画。整備に向けた事業は14年度に始まった。用地買収は県が国から受託していて、県によると順調に進んでいるという。4月15日には串本町で起工式が予定されている。  18年度予算ではこのほか、田辺西バイパスの整備に15億円、新宮市と三重県紀宝町を結ぶ新宮紀宝道路の事業には三重県分を合わせて25億8500万円を計上した。

関連記事

「みんな平和の大使」 サンマリノ共和国、カデロ大使が講話 八重山商工高校

 東京五輪パラリンピックのホストタウン交流プログラムの一環として八重山商工高校は27日午前、サンマリノ共和国の駐日大使マンリオ・カデロ氏を招き交流会を行った。カデロ氏は講話で「日本の53%は女性。...

長野日報社

節分へ「福ます」準備 箕輪の無量寺

 箕輪町北小河内の無量寺(中川弘道住職)は「節分」の2月3日、厄除け護摩祈祷会や年男・年女による豆まきを同寺で行う。27日には中川住職が豆まきに使用する福ますや景品のだるまに「福」や「寿」「家...

四季折々の境内へ

豊川の為当稲荷神社「ハナモモの杜」整備  豊川市為当町の為当稲荷神社(山本行洋宮司)で、地元住民でなる「為当ふるさとの森愛護会」(太田秀雄会長)が新たな住民憩いの場「ハナモモの杜」を整備し...

荘内日報社

食の映画祭にぎわう

 映画と食を組み合わせ食文化創造都市鶴岡を発信する「おいしい鶴岡 第4回食の映画祭」が鶴岡まちなかキネマで30日(木)まで開かれている。今回は日本酒やコーヒーなどをテーマにした映画4作品を上映、合わせ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク