全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

チャレンジデー、宇部市が勝利

市旗を掲揚する末次副市長(中央)と職員(30日午前8時半、市役所で)

 自治体対抗形式で体を動かした住民の参加率を競うチャレンジデーが29日、全国の119市町村で行われた。5年連続5回目の参戦となった宇部市の参加率は過去最高の69・3%で、対戦した山形県米沢市の57・2%を12・1ポイント上回り、2年連続3回目の勝利を収めた。30日朝には末次宣正副市長が市役所玄関前に両市の市旗を掲揚し、互いの健闘をたたえた。    県内では宇部が唯一の参加。人口16万5425人(1月1日現在)に対して、昨年の9万1520人を超える11万4694人が体を動かし、目標の10万人超えも達成した。米沢市は8万927人(同)に対して4万6286人。    市では、チャレンジデーが市民に定着し、取り組みの輪が広がったことや、事前に336団体5万3704人から参加宣言があり、例年以上に機運が醸成されたことが勝因と分析。勝利と参加者への感謝とともに「関係機関と連携し、運動やスポーツの習慣化に取り組み、市民の健康意識を高め、元気な人づくり、健康長寿のまちづくりを進めたい」という久保田后子市長のコメントを発表した。    市旗の掲揚は6月5日まで。米沢市でも両市の市旗が掲げられている。来年度以降の参加については、関係者や市民の声を聞きながら検討していく。    チャレンジデーは、日常的なスポーツの習慣化や住民の健康増進、地域の活性化に向けたきっかけづくりを目的とした住民総参加型のイベント。毎年5月の最終水曜日に全国で行われる。今回の総参加者は306万5438人、平均参加率は58・9%。

関連記事

西郷に学ぶ島の「宝」 安田荘一郎さんが講演 奄美市生涯学習講座

 奄美で暮らした西郷隆盛の生き方を、経済という側面から捉え直す講演会が25日、鹿児島県奄美市名瀬の市民交流センターであった。講師を務めた「奄美『西郷塾』」の安田荘一郎塾長(69)=同市名瀬=は「...

「蒸し暑い」 熱中症疑われる救急増加 梅雨明け「真夏日」続く

 「蒸し暑い」「例年以上に(暑さを)感じる」-。鹿児島県奄美地方の梅雨明けが発表された22日以降、群島各地で最高気温30度以上の「真夏日」を観測している。これに伴い、熱中症が疑われる救急搬送が増...

奄美9海水浴場「AA」評価 県の水質調査、5段階で最高

 鹿児島県は24日、今年度実施した県内26カ所の海水浴場の水質調査結果を公表した。ほぼすべての海水浴場が最高評価の「AA」だった。奄美市名瀬の大浜海浜公園など、奄美群島内の4海水浴場は12年連続...

長野日報社

南ア登山の安全祈願 北沢峠で3年ぶり長衛祭 長野県伊那市長谷

 南アルプスの開拓者、竹澤長衛(1889~1958年)をしのぶ「第64回長衛祭」(同実行委員会主催)の碑前祭は25日、長野県伊那市長谷と山梨県南アルプス市境の北沢峠(標高2032メートル)で、3年...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク