全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

樹勢の回復確認 ヤエヤマシタン診断 市教委文化財課

国の天然記念物である平久保のヤエヤマシタンの回復具合を診断する樹木医=29日午前、同所

 国指定の天然記念物で、樹勢の衰えが見られる平久保のヤエヤマシタン2本は、石垣市教育委員会文化財課が29日午前に行った調査、診断の結果、2本ともに若葉の茂りが確認され、昨年度以上の樹勢の回復が認められた。調査・診断は今年度の同保護増殖事業として行われた。

 市教委によると、同木は樹齢150~200年、現存する最古のヤエヤマシタンとされるが、タカサゴシロアリの被害などを受け、1本は枯死寸前にまで至っていた。このため、市教委が2017年度から同事業を実施。樹勢回復を目指し土壌改良や害虫防除を行っているほか、周辺の幼木100本余を管理している。

 ㈱トロピカル・グリーン設計が業務委託を受け、樋口純一郎調査課長と同課の徳森佑佳さんが診断。樹勢、樹形、枝葉の密度など14項目を評価し、両木とも、5段階評価の2番目「やや不良」まで回復が認められた。

 昨年度に引き続き、本年度も7、8月ごろに割竹挿入縦穴式土壌改良法を実施し、さらなる樹勢回復を試みる。木を中心として半径5㍍の円周上の土壌に、直径20~30㌢、深さ80㌢の穴を20カ所掘り、完熟した牛ふんを投入し、割竹を刺して地中に空気を通す。

 また、ヤエヤマシタン固有の害虫で夏ごろに活動が活発になるシタンヒメヨコバイを防除するため薬剤散布を8月ごろに予定している。

 樋口医師は「土壌改良や虫防除の効果が如実に表れている。特に枯死寸前だった樹については、復活するとは考えられなかった。樹木医としてもうれしい」と木の回復を喜んだ。

関連記事

奄美、沖縄合同で西表島視察 自然との共生へこども環境調査隊 

 鹿児島県奄美市内の小中学生6人で結成した「奄美こども環境調査隊」(奄美市教育委員会、南海日日新聞社主催)の沖縄県西表島視察が22日、始まった。初日は干潟の生き物を観察したほか、人と自然の共生に...

荘内日報社

山形大農学部2年生と研究生 就職、定住へ鶴岡の産業学ぶ

 山形大農学部の2年生と研究生を対象にした企業見学会が22日、鶴岡市内の2企業で行われ、学生たちが就学地の産業に理解を深めた。  学生たちに同市の産業の特色や企業活動への関心を高めてもらおうと昨年に...

紀伊民報社

ジオパークセンターが完成

 紀南に広がる貴重な地質遺産の情報を発信する「南紀熊野ジオパークセンター」が、和歌山県串本町潮岬の潮岬観光タワー隣接地に完成した。27日正午にオープンする。  県が約7億4千万円をかけて建設し...

帯広メロン味わって 大玉「プレミアム」登場 出荷開始

 帯広と芽室の農家6戸が栽培している「帯広メロン」の出荷が23日、始まった。販売元のキサキ糧穀(帯広市愛国町)に約300玉が集まり、箱詰めして小売店や贈答用に発送された。  マスクメロンの帯...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク