全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

樹勢の回復確認 ヤエヤマシタン診断 市教委文化財課

国の天然記念物である平久保のヤエヤマシタンの回復具合を診断する樹木医=29日午前、同所

 国指定の天然記念物で、樹勢の衰えが見られる平久保のヤエヤマシタン2本は、石垣市教育委員会文化財課が29日午前に行った調査、診断の結果、2本ともに若葉の茂りが確認され、昨年度以上の樹勢の回復が認められた。調査・診断は今年度の同保護増殖事業として行われた。

 市教委によると、同木は樹齢150~200年、現存する最古のヤエヤマシタンとされるが、タカサゴシロアリの被害などを受け、1本は枯死寸前にまで至っていた。このため、市教委が2017年度から同事業を実施。樹勢回復を目指し土壌改良や害虫防除を行っているほか、周辺の幼木100本余を管理している。

 ㈱トロピカル・グリーン設計が業務委託を受け、樋口純一郎調査課長と同課の徳森佑佳さんが診断。樹勢、樹形、枝葉の密度など14項目を評価し、両木とも、5段階評価の2番目「やや不良」まで回復が認められた。

 昨年度に引き続き、本年度も7、8月ごろに割竹挿入縦穴式土壌改良法を実施し、さらなる樹勢回復を試みる。木を中心として半径5㍍の円周上の土壌に、直径20~30㌢、深さ80㌢の穴を20カ所掘り、完熟した牛ふんを投入し、割竹を刺して地中に空気を通す。

 また、ヤエヤマシタン固有の害虫で夏ごろに活動が活発になるシタンヒメヨコバイを防除するため薬剤散布を8月ごろに予定している。

 樋口医師は「土壌改良や虫防除の効果が如実に表れている。特に枯死寸前だった樹については、復活するとは考えられなかった。樹木医としてもうれしい」と木の回復を喜んだ。

関連記事

長野日報社

芳香シクラメン直売 駒ケ根の信州ナーセリー

 鉢花を生産する駒ケ根市南割の「信州ナーセリー」は13日から、「シクラメンの香りフェア」と銘打った直売イベントを始めた。大鉢のシクラメンと、出荷最盛期を迎えた小ぶりなガーデンシクラメンを販売。...

荘内日報社

「庄内柿」香港に向け出荷

 酒田市のJAそでうら(五十嵐良弥組合長)が庄内柿を酒田港から香港に輸出することになり、トラック積み込み作業が12日、同市坂野辺新田の同JA選果場で行われた。市産業振興まちづくりセンター(サンロク)...

釧路新聞社

イワシを使った「ふるさと給食」【厚岸】

厚岸に水揚げされたイワシを使った「ふるさと給食」が12日、町内全小、中学校で振る舞われ、児童生徒らが地元の味に舌鼓を打った。厚岸漁協(川崎一好組合長)が子供たちに地場の魚介類を味わってほしいと無...

紀伊民報社

水槽内も「芸術の秋」 エビとカニの水族館

 和歌山県すさみ町江住のエビとカニの水族館は、「芸術の秋~飼育員が選ぶ海の芸術賞~」と題した特別展を開いている。「色・形がさまざまで美しいで賞」「細くてかっこいいで賞」などのユニークな賞を設定。...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク