全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

樹勢の回復確認 ヤエヤマシタン診断 市教委文化財課

国の天然記念物である平久保のヤエヤマシタンの回復具合を診断する樹木医=29日午前、同所

 国指定の天然記念物で、樹勢の衰えが見られる平久保のヤエヤマシタン2本は、石垣市教育委員会文化財課が29日午前に行った調査、診断の結果、2本ともに若葉の茂りが確認され、昨年度以上の樹勢の回復が認められた。調査・診断は今年度の同保護増殖事業として行われた。

 市教委によると、同木は樹齢150~200年、現存する最古のヤエヤマシタンとされるが、タカサゴシロアリの被害などを受け、1本は枯死寸前にまで至っていた。このため、市教委が2017年度から同事業を実施。樹勢回復を目指し土壌改良や害虫防除を行っているほか、周辺の幼木100本余を管理している。

 ㈱トロピカル・グリーン設計が業務委託を受け、樋口純一郎調査課長と同課の徳森佑佳さんが診断。樹勢、樹形、枝葉の密度など14項目を評価し、両木とも、5段階評価の2番目「やや不良」まで回復が認められた。

 昨年度に引き続き、本年度も7、8月ごろに割竹挿入縦穴式土壌改良法を実施し、さらなる樹勢回復を試みる。木を中心として半径5㍍の円周上の土壌に、直径20~30㌢、深さ80㌢の穴を20カ所掘り、完熟した牛ふんを投入し、割竹を刺して地中に空気を通す。

 また、ヤエヤマシタン固有の害虫で夏ごろに活動が活発になるシタンヒメヨコバイを防除するため薬剤散布を8月ごろに予定している。

 樋口医師は「土壌改良や虫防除の効果が如実に表れている。特に枯死寸前だった樹については、復活するとは考えられなかった。樹木医としてもうれしい」と木の回復を喜んだ。

関連記事

宇部日報社

市長賞に花園自治会、春の花壇コンクール、特別賞や最優秀賞決まる【宇部】

 宇部市春の花壇コンクールの受賞団体が決まり、最高賞の市長賞には東岐波の国道190号沿いの花壇を彩った花園自治会(伊藤昌洋会長)が輝いた。市、市ガーデンシティ緑化運動推進委員会(会長・篠﨑圭二市...

紀伊民報社

南高梅が不作 平年の3割弱 梅の着果調査

 JAや日高振興局などでつくる「日高果樹技術者協議会」は19日、和歌山県の御坊・日高の4市町で実施した本年産南高梅の着果調査結果を発表した。主産地であるみなべ町と印南町の着果数は、過去10年平均...

苫小牧市ロゴマーク制定記念 22日に切手シート発売

日本郵便北海道支社は22日から、苫小牧市のロゴマーク制定を記念したオリジナルフレーム切手の販売を始める。84円切手10枚から成るシートで1枚は市のロゴマーク、残り9枚はとまチョップが樽前山山頂に登...

荘内日報社

龍神様とご縁を結ぶ 善寳寺 「辰歳御縁年記念企画」始まる

 鶴岡市下川の龍澤山善寳寺で12年に1度の「辰歳(たつどし)御縁年記念企画」が始まった。本堂で祈祷を受けた後、奥の院・龍王殿を拝観し「龍神様」とご縁を結ぶ。このほか国の重要文化財に指定されている絵画「...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク