全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

「山口祇園祭」の囃子の稽古始まる

稽古に励む囃子方(山口ふるさと伝承総合センターで)

 山口市の八坂神社の例祭「山口祇園祭」(7月20~27日)に向け、みこしの巡行に花を添える祇園囃子(ばやし)の初稽古が28日、下竪小路の山口ふるさと伝承総合センターであった。太鼓、笛、鉦(しょう)の3楽器が「コンチキチン」の涼やかな音色を辺りに響かせ、祭りシーズンの到来を告げた。今年は囃子方25人が本番まで毎週練習に励む。    初日は、祇園囃子伝承者の真庭宗雄古熊神社宮司ら21人が参加。稽古を前に八坂神社(上竪小路)の小方礼次宮司が「令和改元の年でもあり、めでたい祭りにしたい。稽古の成果を本番で目いっぱい発揮してほしい」とあいさつ。稽古ではさっそく「日和神楽」「立田」「月」の3曲を合わせ、感触を確かめた。    今年から加わった団体職員の田中沙織さん(32)=大殿大路=は鉦を担当。「祭りを支えるきれいな音を奏でられるよう、稽古に励みたい」と意欲をみせた。    囃子は、祭り初日の御神幸で披露される。八坂神社から駅通りにあるお旅所まで囃子方を乗せた2基の山車がみこしを先導する。    約600年前に始まった同祭の祇園囃子は、第2次世界大戦後にいったん途絶えたものの、真庭宮司らが京都の演奏者から教えを請い、1990年に復活させた。

関連記事

奄美、沖縄合同で西表島視察 自然との共生へこども環境調査隊 

 鹿児島県奄美市内の小中学生6人で結成した「奄美こども環境調査隊」(奄美市教育委員会、南海日日新聞社主催)の沖縄県西表島視察が22日、始まった。初日は干潟の生き物を観察したほか、人と自然の共生に...

荘内日報社

山形大農学部2年生と研究生 就職、定住へ鶴岡の産業学ぶ

 山形大農学部の2年生と研究生を対象にした企業見学会が22日、鶴岡市内の2企業で行われ、学生たちが就学地の産業に理解を深めた。  学生たちに同市の産業の特色や企業活動への関心を高めてもらおうと昨年に...

紀伊民報社

ジオパークセンターが完成

 紀南に広がる貴重な地質遺産の情報を発信する「南紀熊野ジオパークセンター」が、和歌山県串本町潮岬の潮岬観光タワー隣接地に完成した。27日正午にオープンする。  県が約7億4千万円をかけて建設し...

帯広メロン味わって 大玉「プレミアム」登場 出荷開始

 帯広と芽室の農家6戸が栽培している「帯広メロン」の出荷が23日、始まった。販売元のキサキ糧穀(帯広市愛国町)に約300玉が集まり、箱詰めして小売店や贈答用に発送された。  マスクメロンの帯...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク