全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

ビートつやつや「恵みの雨」 6カ月ぶり10ミリ以上 十勝

久しぶりの降雨で潤うビート畑

 十勝管内は28日から29日にかけてまとまった降雨となり、農業関係者は「恵みの雨」と口をそろえた。

 幕別町内の畑作農家村田辰徳さん(37)は、強風と土ぼこりでまき直したばかりのビートに加え、ハクサイの生育などを不安視していた。「猛暑期間は夜間に水をかけ続けたが、焼け石に水だった。きょうの雨はしとしと雨。もう少し長かったら良かったが、それでもありがたい」と話した。

 芽室町の農事組合法人代表の土屋貴宏さん(46)は「水不足で牧草の生育は遅れ気味だった。きょうの雨で一気に回復しそう」と述べた。帯広の畑作農家外山隆祥さん(33)は「例年にない猛暑で小麦は収穫までの時期がずれることも予想される。しっかり生育をコントロールしたい」とした。

 十勝総合振興局は6月1日時点の農作物生育調査を29日から開始。通常の調査品目に加え、野菜の栽培状況も聞き取る考え。農務課は「葉物は水分不足で枯れたり、固くなるなどの品質劣化を心配していた。この雨で、少しでも改善されれば」と話している。

 ◇ ◇ ◇

 低気圧を含む気圧の谷が通過する影響で29日、十勝地方は全域で降雨となった。管内の降り始めから正午までの雨量は、豊頃町大津が19ミリで最も多く、次いで帯広の18.5ミリ、池田、本別町押帯で18ミリだった。

 帯広で10ミリ以上の降水量を記録するのは昨年12月7日に23センチの降雪を記録して以来。約6カ月ぶりのまとまった雨となった。夕方以降、天気は回復傾向となる見込み。

関連記事

紀伊民報社

夏の応援団参上 大学生が「海の家」

 和歌山県田辺市の扇ケ浜海水浴場で、和歌山大学と関西大学の学生がそれぞれ運営する「海の家」が20日にオープンする。田辺の夏を盛り上げる「応援団」として毎夏の恒例となっている。両大学生は「家族連れ...

荘内日報社

ポーランド・スコブロンキ女声合唱団 鶴岡の高校生と交流のハーモニー

 ポーランド・ポズナン市の「スコブロンキ女声合唱団」を迎えたコンサートが18日、鶴岡市の鶴岡アートフォーラムで開かれ、市内の高校生と共演し、交流のハーモニーを響かせた。  同合唱団は1950年設立。海...

宇部日報社

薩長同盟第2弾の日本酒完成

 山口、鹿児島両大の学生らが共同で造った純米吟醸原酒「ふれんど」が、20日から販売される。山口市役所で18日、発表会が開かれ、商品の名付け親となりラベルのデザインを手掛けた、作家で美術家の大宮エ...

立てないヤギ 車いすで復帰 おびひろ動物園

 おびひろ動物園(柚原和敏園長)の高齢のヤギ「ユズ」(雌、9歳)は昨年秋に左前足の不調で立つことができなくなったが、6月から、飼育展示係のスタッフが改造した車いすを使い、わずかながら歩けるようにな...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク