全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

信州大学農学部のワイン販売始まる 山ぶどうジュースも

山ぶどうジュースやナイヤガラワインの購入を呼び掛ける学生

長野県南箕輪村の信州大学農学部構内の生産品販売所で28日、信大オリジナル品種のヤマブドウ「五一アムレンシス」を使った「山ぶどうジュース」、ブドウ「ナイアガラ」を原料にしたワインの販売が始まった。ブドウ栽培に携わった学生や技術専門職員らは「果実本来の味や香りが楽しめ、おいしく仕上がった」と出来栄えを喜んでいる。

使用した果実は昨年産。学生らが、構内のほ場で誘引や摘房などの作業をして育て、昨秋に収穫した。果実の平均糖度は例年より高く「上々の出来栄え」。良質な果実を選び抜き、それぞれの委託加工先に仕込んでもらい、半年間近く熟成させた。ジュースは「味が濃厚で甘く」、ワインは「やや甘口で香り豊か」に仕上がったという。

ワインは720ミリリットル入りのフルボトルが1500円(税込み価格)、ジュースは500ミリリットル入り瓶が1000円(同)。信大が今年で創立70周年を迎えることを記念し、ワインセット(山ぶどう・ナイアガラ)、山ぶどう関連セット(ワイン・ジュース)を各70セット作成し販売する。

問い合わせは同学部付属施設(電話0265・77・1318)へ。

関連記事

第4弾は乾麺パスタ 資源循環型プロジェクト 十勝

 ばんえい十勝を核とした資源循環型プロジェクト「ばん馬toきのこto小麦の環」協議会(三浦尚史代表)は、第4弾となる新製品「うまいっしゅパスタ」を開発し、23日から満寿屋商店(帯広市)の管内6店で...

陸別産オウギ葉のお茶好評 薬用植物事業商品化第2弾

 昨年12月に「高麗人参飴(あめ)」の販売を開始した、陸別町の薬用植物栽培研究事業による商品化の第2弾が完成した。町産のキバナオウギの葉を使ったお茶で、1月から販売を開始した。  オウギの葉...

白花豆カレー味わって 帯広農業高生が開発

 帯広農業高校の生徒たちが、浦幌町の高級菜豆「白花豆」を使ったレトルトカレー「白花豆ごろっと白カレー」を開発、JAうらほろが商品化した。しっかりとした食感と甘みが特徴で、29日にとかち物産センター...

荘内日報社

第1回鶴岡№1次世代料理人決定戦

 鶴岡市内の若手料理人を対象としたコンペティション「第1回鶴岡№1次世代料理人決定戦」が18日、同市のグランドエル・サンで行われ、初代グランプリの栄誉に日本料理店「庄内ざっこ」の齋藤翔太さん(36)が輝い...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク