全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

市原さん 音楽への思い語る オペラの魅力、椿さんと対談

 酒田市出身の世界的テノール歌手で名誉市民の市原多朗さんと、わが国オペラ界を制作側から支えてきた椿照子さん(北九州市芸術文化振興財団アドバイザー)の対談が26日、酒田市の希望ホールで開かれ、市原さんは世界各国で公演した際の映像を流しながら、自身の生い立ちや音楽への思いなどを語った。

 市原さんに師事する若手声楽家によるコンサート「市原多朗マスターコース 夏の夜のジョイフルコンサート」(7月、希望ホール)のプレイベントとして、市などが主催。市民ら約60人が参加した。

 椿さんは、藤原歌劇団で総監督を務めた故・五十嵐喜芳氏の監督付きとしてオペラ制作に携わってきた。市原さんが欧米で活躍して名声を高め、1986年に東京で凱旋(がいせん)公演(『仮面舞踏会』リッカルド役)した時をはじめ、長年にわたり市原さんと仕事を通じて親交がある。

 この日、2人は「かくもたのしきもの、それはオペラ! オペラはむしろ格闘技」と題して対談。椿さんが「市原さんは、言葉は母国語のようで、音楽も体全体で楽器のように歌い、日本人じゃないみたい」と水を向けると、市原さんは「小学校入学時はうまく適応できず、問題児だった。高校受験に失敗し予備校に通う中で、反復練習の大切さを学んだ。オペラのせりふもひたすら反復練習し、体に覚え込ませる。頭 ですぐ分かるよりもある意味、幸せ。自分を有効に生かすため、どういうやり方があるか考えた。教育は、その子に合ったやり方が大切」と持論を述べた。

 また、「音楽を聴くこと自体はあまり好きではなく、仕事として聴く。楽譜を見ながら何度も、血となり、肉となるまで聴く。歌は農業と同じ。土を耕し、種をまき、日光を吸収させてと、とても時間がかかる。派手に見えるが、地味な作業の積み重ね」と語った。

 椿さんはオペラの魅力について「役者のほか、大勢のオーケストラやバックコーラスがいて、劇場に音が舞う。その醍醐味(だいごみ)はオペラにしかない。ぜひ見て。人生が変わるかもしれない」とアピールした。

 市原多朗マスターコースでは、ソプラノの金城理沙子さん、テノールの工藤和真さん、濱松孝行さん、喜納響さん、バリトンのヴィタリ・ユシュマノフさんの若手声楽家5人が、酒田で市原さんのレッスンを受けた後、その成果をコンサートで披露する。

 コンサートは7月27日(土)午後6時開演。チケットは一般2500円、学生500円。前日の26日午後4時からは公開レッスン(チケットは一般1000円、学生無料)もある。問い合わせは希望ホール=電0234(26)5450=へ。

市原さん 音楽への思い語る オペラの魅力、椿さんと対談

関連記事

奄美、沖縄合同で西表島視察 自然との共生へこども環境調査隊 

 鹿児島県奄美市内の小中学生6人で結成した「奄美こども環境調査隊」(奄美市教育委員会、南海日日新聞社主催)の沖縄県西表島視察が22日、始まった。初日は干潟の生き物を観察したほか、人と自然の共生に...

荘内日報社

山形大農学部2年生と研究生 就職、定住へ鶴岡の産業学ぶ

 山形大農学部の2年生と研究生を対象にした企業見学会が22日、鶴岡市内の2企業で行われ、学生たちが就学地の産業に理解を深めた。  学生たちに同市の産業の特色や企業活動への関心を高めてもらおうと昨年に...

紀伊民報社

ジオパークセンターが完成

 紀南に広がる貴重な地質遺産の情報を発信する「南紀熊野ジオパークセンター」が、和歌山県串本町潮岬の潮岬観光タワー隣接地に完成した。27日正午にオープンする。  県が約7億4千万円をかけて建設し...

帯広メロン味わって 大玉「プレミアム」登場 出荷開始

 帯広と芽室の農家6戸が栽培している「帯広メロン」の出荷が23日、始まった。販売元のキサキ糧穀(帯広市愛国町)に約300玉が集まり、箱詰めして小売店や贈答用に発送された。  マスクメロンの帯...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク