全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

レバンガ主将 多嶋「チーム生かす」 今季巻き返し意欲 札幌

笑顔で撮影に応じる多嶋朝飛

 帯広出身でバスケットボールBリーグ1部(B1)のレバンガ北海道の多嶋朝飛主将(30)=大空小、帯大空中、北陸高、東海大出=が28日、札幌市内で記者会見を行い、在籍7シーズン目に突入した今季の活躍を誓った。

 多嶋が今季に向けて三つの目標を自らに課した。(1)1試合平均2桁得点(2)外から積極的にシュートを打つ(3)体のケアを万全にする-。27日に今季の契約合意が発表され、これを受けた会見で、「自分を殺すのではなく、チームを生かせるようなプレーをしたい」と語った。

 2018~19年シーズンの多嶋は51試合に出場し、1試合平均7.2得点をマークし、同5.0アシストはリーグ7位。シーズン中に指揮官が代わり、自らを犠牲にしながらチームのマッチングに時間を費やした。けがもあり、シーズン後半の欠場もあった。

 主将としての責任も痛感している。今季のチームは10勝50敗で東地区最下位に沈んだ。4月のB1残留プレーオフでは横浜を下し、B1に踏みとどまった。強豪ひしめく東地区とあって「チャンピオンシップ出場よりも、上の目標を目指していくことが重要」と巻き返しのシーズンへ戦闘モードを高めた。

関連記事

紀伊民報社

夏の応援団参上 大学生が「海の家」

 和歌山県田辺市の扇ケ浜海水浴場で、和歌山大学と関西大学の学生がそれぞれ運営する「海の家」が20日にオープンする。田辺の夏を盛り上げる「応援団」として毎夏の恒例となっている。両大学生は「家族連れ...

荘内日報社

ポーランド・スコブロンキ女声合唱団 鶴岡の高校生と交流のハーモニー

 ポーランド・ポズナン市の「スコブロンキ女声合唱団」を迎えたコンサートが18日、鶴岡市の鶴岡アートフォーラムで開かれ、市内の高校生と共演し、交流のハーモニーを響かせた。  同合唱団は1950年設立。海...

宇部日報社

薩長同盟第2弾の日本酒完成

 山口、鹿児島両大の学生らが共同で造った純米吟醸原酒「ふれんど」が、20日から販売される。山口市役所で18日、発表会が開かれ、商品の名付け親となりラベルのデザインを手掛けた、作家で美術家の大宮エ...

立てないヤギ 車いすで復帰 おびひろ動物園

 おびひろ動物園(柚原和敏園長)の高齢のヤギ「ユズ」(雌、9歳)は昨年秋に左前足の不調で立つことができなくなったが、6月から、飼育展示係のスタッフが改造した車いすを使い、わずかながら歩けるようにな...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク