全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

6月2日八ケ岳開山祭 登山道の残雪に注意

7月の花「コマクサ」をデザインした第65回八ケ岳開山祭の記念バッジ

八ケ岳に夏山シーズンの到来を告げる第65回八ケ岳開山祭は6月2日正午から、北八ケ岳と南八ケ岳の2会場で開く。今年の南会場は主峰・赤岳山頂(2899メートル)で、北会場は北八ケ岳ロープウェイ山頂駅で開く。北会場は3、4月に降った雪が登山道に残っていることから、安全のため北横岳山頂(2480メートル)での開催を見送る。山頂駅での開催は5年ぶりという。

開山祭は、八ケ岳観光協会(浦野岳孝会長)と茅野山岳会(小池清紀会長)、ちの観光まちづくり推進機構(宮坂孝雄理事長)が主催し、赤嶽山神社総代会が協賛する。山開きを祝うとともに、遭難の犠牲者を悼み、1年間の登山者の安全を祈願する。

開山祭参加者には八ケ岳の高山植物を題材にした記念ピンバッジと赤嶽山神社のお札をセットでプレゼントする。今年のバッジは横岳の稜線を背景に八ケ岳を代表するピンク色のコマクサをあしらったデザイン。コマクサが咲くのは7月になってからで、硫黄岳や横岳、赤岳にかけての稜線を中心に見ることができる。現在は黄色いツクモグサが横岳の西斜面で見頃という。

八ケ岳観光協会によると、今年は2月までは降雪が少なかったが、3、4月にまとまって降った雪が5月になっても解けず、樹林帯の中(標高2500メートル付近)の登山道には雪が残っているという。多いところでは50~60センチの雪が残り、同協会は「軽アイゼンかチェーンスパイクを持っている人は持参してほしい」とする。稜線上の雪はおおむね解けているという。

浦野会長(59)は「今年も家族連れや幅広い年代の人に八ケ岳に登ってほしい。地元の人にも改めて八ケ岳に登ってほしい」と話した。

問い合わせはちの観光まちづくり推進機構・茅野駅前案内所(電話0266・72・2637)へ。

同日は午前11時から阿弥陀岳山頂(2805メートル)でも、原村観光連盟主催の開山祭が開かれる。

関連記事

長野日報社

「鳥」のバス停完成 藝大生が園児と手作りアート

長野県伊那市高遠第2・第3保育園の年中、年長児が17日、園近くにある荒町バス停に手作りのアート作品を飾った。東京藝術大学大学院の高井碧さんらが、同市高遠町の国道152号沿いで進めている「バス停...

雪踏みしめアートに 食や犬ぞり体験も 中札内

 雪を楽しむイベント「スノーアートヴィレッジなかさつない2020」(中札内村観光協会主催)が15日、中札内農村休暇村フェーリエンドルフで始まった。キャンバスに見立てた雪原をスノーシューで歩いて...

長野日報社

薪火で冬キャン 22、29日に駒ケ根高原で日帰りイベント

中央アルプス山麓の駒ケ根高原12施設で構成する早太郎温泉事業協同組合(宇佐美宗夫理事長)は22、29日、閑散期の冬の誘客の新たな仕掛けとして「薪火」に着目した日帰りキャンプイベントを駒ケ根市の...

16日に九州人形劇フェス 8年ぶりの石垣島開催

 「第56回九州人形劇フェスティバル~石垣島大会~」(九州人形劇サークル協議会主催)が16日、大浜公民館で開かれる。石垣島大会は8年ぶり。同協議会に加盟する児童文化サークルくにぶん木の会(池田哲子...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク