全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

クールビズ 初日から全開 帯広市役所など開始

うちわで涼を取ったり椅子に上着を掛けたりして、軽装で仕事をする市職員

 「クールビズ」が27日、帯広市役所や十勝総合振興局で始まった。帯広市内は同日も35度を超える暑さとなり、職員は半袖、ノーネクタイの涼しげな軽装で職務に当たった。

 クールビズはエアコンなどのエネルギー使用量を減らし、地球温暖化対策を進める取り組み。政府が2005年から提唱している。

 帯広市では27日から10月4日までが実施期間。年々暑さが厳しくなっており、昨年から期間を開始前後1週間ずつ延ばした。室温を28度に設定、職員は扇風機やうちわを併用しながら能率アップを図る。

 市環境都市推進課は「暑い日が増えており、さらなる期間延長も視野に入れたい」としている。

 十勝総合振興局も市と期間は同じ。「ナチュラルクールビズ」とし、状況に応じてポロシャツやTシャツの着用も認める。帯広開発建設部は1日から実施している。

関連記事

池田に待望の本屋オープン 「手に取り選べる」と好評

 池田町内唯一の書店「さくら書房」が15日、町内の電器店「デンキのホームライフ」(大通5、中村吉孝代表)の店舗内の一角にオープンした。2017年12月に町内に1店だけあった書店が閉店して以来、およ...

エコライフおきなわ 4個人5団体を表彰 石垣島初開催 地球の未来や環境考..

 県と自治体の共催による県民環境フェア「エコライフおきなわ2019 ISHIGAKI OKINAWA」(県主催)が16日、石垣市総合体育館を主会場に行われた。地球温暖化対策や自然保護、リサイクル...

長野日報社

「eスポーツ」伊那市で熱戦 初のアンダーリーグ

コンピューターゲームで対戦する「eスポーツ」の振興に取り組む「長野県eスポーツ協会(NeSPA)」は今秋から、プロを目指すアマチュア向けのリーグ戦「アンダーリーグ」を県内各地で試験的に実施して...

紀伊民報社

稚児が舞う 「やつはち」奉納

 和歌山県白浜町堅田、堅田八幡神社の例祭(県文化財)が15日にあり、午前中には、稚児が舞「やつはち」を奉納した。  額と頬に紅を塗った男児3人が、締太鼓に合わせ「右回り」「左回り」「ばちを持ち、...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク