全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

18年度生産量 甘しょ39%増の199㌧ 新組合長に石垣氏を選出

議事終了後、あいさつする新役員ら=25日夕、ANAインターコンチネンタル石垣リゾート

 紅イモ「沖夢紫」の生産者で組織する石垣市甘しょ生産組合(東田盛正組合長、118人)の2018年度生産量は前年度比39%増の199・3㌧となった。組合員は85人から118人に、作付面積は1200㌃から1750㌃に増えた。19年度は作付面積2500㌃で生産量282㌧を目標に設定、多量生産者を表彰する。市内ホテルで25日開かれた19年度総会で承認された。新組合長には石垣英邦氏を選出した。

 同組合は2017年3月に設立され、甘しょ生産は同年5月9日に県の戦略品目の産地認定を受けた。これ以降、生産者、生産量が増え続けている。18年度の生産量は秋口からの長雨の影響で減少、目標の200㌧をわずかに下回った。

 組合は▽品種の特定▽生産技術の平準化▽種苗対策▽計画生産・販売|などを推進しており、今年度も栽培講習会、原苗ほの設置・収穫、現地検討会などを予定している。19年度予算(364万円)には、新たにかんしょ用つる刈り機2台の購入費などを盛り込んだ。

 東田盛組合長はあいさつで「戦略品目として生産量や品質が問われてくる時期。消費者には健康志向のマインドが高まっており、品質を良くすれば商品価値も上がる」と協力を呼び掛けた。

 中山義隆市長も「課題の解決に向け相互に連携したい。市としてもブランド確立のためにプロモーションを展開したい」と支援を約束した。

 新組合長の石垣氏は「イモをつくって6年目。試行錯誤を繰り返しながら作れるようになった。組合が発展するよう関係機関と調整し、生産性向上に努めたい」と決意を述べた。

 他の役員は次の皆さん。任期は2年。

 ▽副組合長=富永政斉▽事務局長=比屋根和博▽理事=天久源三、渡口勝、豊川秀治▽相談役=東田盛正▽監事=登野城勝、宮良長欣

関連記事

紀伊民報社

幸福の黄色いカエル 和歌山県立自然博物館で展示

 和歌山県田辺市の大塔地域で、黄色いカエルが見つかった。通常は緑色をしたシュレーゲルアオガエル(アオガエル科)の色彩変異個体。展示を始めた県立自然博物館(海南市船尾)によると、目立つために捕食者...

ご当地グルメに舌鼓 「大北海道うまいもの市」盛況 苫小牧

苫小牧市表町のグランドホテルニュー王子1階旧レストランハルニレで22日、物産展「大北海道うまいもの市」が始まった。稚内や旭川、釧路、函館など全道各地の特産品やご当地グルメなど約150品目が並び、買...

黒ニンニク ペーストに 熟成で甘く、臭いも軽減 JA十勝清水町

 JA十勝清水町(氷見隆雄組合長)は、清水産ニンニクを原料にした新商品「十勝熟成黒にんにくペースト」(1300円、瓶詰め100グラム)を開発した。サツドラ十勝清水店内の同JAアンテナショップではす...

荘内日報社

郷土食を気軽に“見える化” 「笹巻」まちなか店舗提供テスト事業 鶴岡商議所

 鶴岡商工会議所は、郷土食の提供店の〝見える化〟や、市街地で郷土食が気軽に食べられる仕組みづくりの構築に向けたテスト事業として、市内の飲食店で笹巻の提供を期間限定で行っている。実施店の反応や消費者...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク