全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

ハブ、しっかり確保

ハブ講習で退治法を学んだ奄美署員=29日、奄美観光ハブセンター

 鹿児島県警奄美署は29日、鹿児島県奄美市名瀬長浜町の奄美観光ハブセンターで今春の転入署員を対象にハブ捕獲等講習を実施した。署員たちは生きたハブとにらみ合い、捕獲や退治の方法を学んだ。

 講習は同署の恒例。10人が参加した。署員はハブの生態や習性などの知識を深めた後、同センターの本山栄隆さん(63)から専用のハブ捕り棒の使い方や、手頃な棒を利用した退治のこつを教わった。

 この日、ハブ退治に挑戦したのは「ハブは見るのも初めて」という芭蕉孝二巡査長(33)。本山さんのアドバイスに従いながら頭を数回たたいて弱らせ、捕獲箱に納めた。

 奄美署には住民からハブ捕獲要請が入ることがあり、2017年は6件の要請があった。地域を巡回するパトカーには捕獲用の道具が積まれている。

 芭蕉巡査長は「爬虫類は苦手だが、要請があれば犯人と同じようにしっかり確保したい」と力強く話した。

関連記事

フードバレーとかちマラソン 周回コース正式決定 帯広

 「2019フードバレーとかちマラソン」の第2回大会実行委員会が22日、帯広市役所で開かれ、ハーフ(21.0975キロ)のコースを従来の往復から、市内を周回するコースに変更することを正式決定し...

黄金色に輝く稲穂 超早場米の収穫始まる

 県内有数の米どころ石垣島で超早場米(1期米)の収穫が始まっている。石垣市新川平田原では22日午前、市内新川の水稲農家・山根政人さん(45)が黄金色に実った稲穂の収穫に汗を流していた。収穫した米は...

長野日報社

地域住民とみそ造り 茅野市玉川保育園

 茅野市玉川保育園の園児は21日、地域住民とともに恒例のみそ造りを同園で行った。地域交流「コスモスの会」の活動で、園児たちは地域の人たちと手づくりの伝統製法を体験し、楽しく交流を深めた。  原...

豊橋で外食産業展が開幕

 食の祭典「第26回東三河外食産業展示会2019」(東愛知新聞社など後援)が22日、豊橋市神野新田町のホテルシーパレスリゾート室内テニス場を会場に始まった。外食関連の約120社がブースを出し、業務用...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク