全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

ハブ、しっかり確保

ハブ講習で退治法を学んだ奄美署員=29日、奄美観光ハブセンター

 鹿児島県警奄美署は29日、鹿児島県奄美市名瀬長浜町の奄美観光ハブセンターで今春の転入署員を対象にハブ捕獲等講習を実施した。署員たちは生きたハブとにらみ合い、捕獲や退治の方法を学んだ。

 講習は同署の恒例。10人が参加した。署員はハブの生態や習性などの知識を深めた後、同センターの本山栄隆さん(63)から専用のハブ捕り棒の使い方や、手頃な棒を利用した退治のこつを教わった。

 この日、ハブ退治に挑戦したのは「ハブは見るのも初めて」という芭蕉孝二巡査長(33)。本山さんのアドバイスに従いながら頭を数回たたいて弱らせ、捕獲箱に納めた。

 奄美署には住民からハブ捕獲要請が入ることがあり、2017年は6件の要請があった。地域を巡回するパトカーには捕獲用の道具が積まれている。

 芭蕉巡査長は「爬虫類は苦手だが、要請があれば犯人と同じようにしっかり確保したい」と力強く話した。

関連記事

紀伊民報社

給食ボランティア37年 手作り弁当届け続ける

 和歌山県みなべ町内の女性有志でつくる給食ボランティアグループ(小谷眞千子代表)は1983年に発足し、手作り弁当を地域の1人暮らしの高齢者や障害者に届け続けている。メンバーは「これからも、弁当を...

荘内日報社

30年続く贈り物「ありがとう」 今年はみかんジュース届く

 鶴岡市睦町の常念寺保育園(渡邊嶺子園長、園児154人)に14日、静岡県浜松市から特産の「三ヶ日みかん」(温州みかん)のジュースが届き、園児たちを喜ばせている。  ジュースを贈ったのは天方産業(浜松市...

きょうだけ!! 特大シジミ漁 大樹・生花苗沼

 大樹町の生花苗沼(オイカマナイトー)で15日、年に1日だけのヤマトシジミ漁が行われた。漁業者は殻の大きさが5センチ以上にもなる特大シジミを、泥の中から手探りで掘り出した。  大樹漁協(神山...

宇部日報社

おしゃれな「おでかけマスク」紹介

 山口市大殿大路のアトリエ「a.p.r」(片山涼子代表)の「おでかけマスク展」が、駅通り2丁目の飲食店「hangout(ハングアウト)」で開かれている。和風柄などがおしゃれな布マスク30種類以上...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク