全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

ナタネと小麦 くっきり 帯広市拓成町 伊澤農場

菜の花畑の黄色と小麦畑の緑が競演し、美しいコントラストが広がる伊澤農場の畑

 十勝管内のナタネ畑で花がほぼ満開となっている。黄色い花と、青々と伸びる小麦のコントラストが美しい景色をつくりだしている。

 帯広市拓成町の「earth canvas 伊澤農場」(伊澤学代表)では、今年は5月中旬ごろから花をつけはじめ、もうじき満開を迎える見込み。花は6月上旬まで見られる。

 食用油の原料となるナタネは、一般的な品種で8月末ごろに種をまき、翌年8月の初めごろに収穫する。圧搾による方法だと実の重量に対して、約40%の油が抽出できる。道内では昨年、971ヘクタールの作付面積で、2390トンが収穫された。このうち空知管内が半分以上を占め、十勝は面積91ヘクタールで収量は258トンだった。

 12年前から知人の勧めで栽培を始めた伊澤代表(55)は今年は3.7ヘクタールに作付けし、JAたきかわに出荷する。

 今年は平年並みの作柄で、「ナタネは根が深くまで張るので干ばつにも強い。根や茎、葉など収穫後の残渣(ざんさ)が多いので、畑にすきこむと土づくりにも効果がある」と話している。

関連記事

釧路新聞社

29日にテレビの全国放送でPR【羅臼】

  町は今年度、メディアを活用した総合プロモーション事業に力を入れている。第1弾として29日午後4時から、民放(TBS系)のバラエティー番組「歩いて稼ごう!1歩1円」の中で、町が全国放送される。 ...

調理法、地元漁師に学ぶ 児童ら刺し網体験で大漁 白浜・船浮小合同

 【西表】白浜小学校(長遠順二校長)・船浮小学校(中山盛延校長)合同の海洋教育「白浜の刺し網漁体験」が15日、行われた。地元の漁師、下地鮮魚店の下地勲さん・秀太さん親子が協力した。  朝、学校...

長野日報社

萩倉のクラフトビール 田村さんが醸造工場、初出荷 長野県下諏訪町

 長野県下諏訪町萩倉で、かつて同町の酒造会社で蔵人として働いていた田村治男さん(35)=同町東町上=がクラフトビールの醸造を始めた。同地に建てた醸造工場で4月から仕込んできたクラフトビールを5月...

紀伊民報社

濱中氏がGM就任 和歌山FB

 和歌山県田辺市出身の元プロ野球選手で、野球解説者の濱中治氏(43)が23日、さわかみ関西独立リーグに所属する和歌山ファイティングバーズ(FB)のゼネラルマネジャー(GM)に就任した。濱中氏は「...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク