全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

「ばばばあちゃん」3年ぶり新作絵本 寒天料理に挑戦

絵本の発行を喜ぶ栗野さん(左)と橋本さん

茅野市の地域おこし協力隊員で一般社団法人ちの観光まちづくり推進機構に勤務する粟野龍亮さん(30)=静岡県出身=と橋本かな子さん(=)33=東京都出身33=の活動がきっかけとなり、絵本作家さとうわきこさんが描いた絵本「ばばばあちゃんのかんてんりょうり」が1000部限定で小さな絵本美術館(岡谷市)から発行されることになった。2人は「絵本を通じて寒天の魅力に触れ、地域を知るきっかけになれば」と期待している。

原作は2008年の「かがくのとも2月号」(福音館書店)に掲載されたもので、「ばばばあちゃん」が子どもたちと一緒に寒天料理に挑戦し、寒天で作った色とりどりのデザートやサラダ、おかずをテーブルに並べてパーティーを楽しむ内容。冬の寒さを利用した諏訪地方特産の角寒天(棒寒天)作りの風景や製造工程も伝えている。

地域の魅力を発信する粟野さんと橋本さんは、小さな絵本美術館から原作の使用許可を得て、昨年12月に都内の銀座NAGANOで開いたPRイベントや、今年1~2月に茅野市内の寒天製造現場を訪ねるツアーで紹介。「絵本がほしい」という声に応えて同館に絵本化を相談したところ、了承を得たという。

同館によると、「ばばばあちゃん」シリーズとしては3年ぶりの新作絵本。カラー28ページで、表紙の裏側には茅野市や諏訪地域の名産品であることが分かるように、寒天の原料や生産地の様子、料理方法が追加記載されている。販売価格は972円。同館と今井書店で販売を開始している。

粟野さんと橋本さんは、「地域産業の持続や発展を考えるとき、地元の子どもたちが地域や寒天を身近に感じる機会を作ることが大切だと思った。絵本はその入り口になる。寒天のある暮らしを楽しんでもらえたら」と話している。

問い合わせは、小さな絵本美術館(電話0266・28・9877)へ。休館日は火曜日と第2・3水曜日。

関連記事

紀伊民報社

幸福の黄色いカエル 和歌山県立自然博物館で展示

 和歌山県田辺市の大塔地域で、黄色いカエルが見つかった。通常は緑色をしたシュレーゲルアオガエル(アオガエル科)の色彩変異個体。展示を始めた県立自然博物館(海南市船尾)によると、目立つために捕食者...

ご当地グルメに舌鼓 「大北海道うまいもの市」盛況 苫小牧

苫小牧市表町のグランドホテルニュー王子1階旧レストランハルニレで22日、物産展「大北海道うまいもの市」が始まった。稚内や旭川、釧路、函館など全道各地の特産品やご当地グルメなど約150品目が並び、買...

黒ニンニク ペーストに 熟成で甘く、臭いも軽減 JA十勝清水町

 JA十勝清水町(氷見隆雄組合長)は、清水産ニンニクを原料にした新商品「十勝熟成黒にんにくペースト」(1300円、瓶詰め100グラム)を開発した。サツドラ十勝清水店内の同JAアンテナショップではす...

荘内日報社

郷土食を気軽に“見える化” 「笹巻」まちなか店舗提供テスト事業 鶴岡商議所

 鶴岡商工会議所は、郷土食の提供店の〝見える化〟や、市街地で郷土食が気軽に食べられる仕組みづくりの構築に向けたテスト事業として、市内の飲食店で笹巻の提供を期間限定で行っている。実施店の反応や消費者...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク