全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

「川の参詣道」に新たな舟

新たに製作した川舟の進水式で、舟にお神酒をかける田岡実千年新宮市長(24日、三重県紀宝町で)

 「川の参詣道」として世界遺産に登録されている熊野川を下る川舟が新たに製作され、24日に進水式があった。これまで使ってきた舟が老朽化する中、川舟を運航する新宮市の一般財団法人「熊野川町ふれあい公社」が、インターネットで資金を募るクラウドファンディング(CF)を活用して製作した。来月下旬から利用を始める予定。
 川舟下りは、道の駅「瀞峡(どろきょう)街道熊野川」(和歌山県新宮市熊野川町田長)そばの河原から、熊野速玉大社(同市新宮)近くの河原までの約16キロを川舟に乗って下る観光体験事業。世界遺産登録を機に2005年から始まった。
 CFは、紀伊半島大水害(2011年)で事務所が流失するなどの被害を受け、更新が必要な川舟の製作費や船外機の購入費を負担する余裕がないとして、昨年12月3日から今年1月31日まで取り組んだ。その結果、目標金額(200万円)を上回る244万2千円が、142人から寄せられたという。
 達成後、ふれあい公社が、熊野速玉大社の例大祭を締めくくる神事「御船祭」で使われる早船も手掛ける船大工の谷上嘉一さん(77)=三重県紀宝町=に製作を依頼。熊野産のスギやヒノキなどを使い、約2カ月がかりで、長さ約8・7メートル、幅約1・8メートルの舟(定員14人)が完成した。舟の名称は、これまであった「速玉」を引き継ぐ。
 熊野川の河原であった進水式では、公社熊野川川舟センターの森本博也センター長(63)が「皆さまのご支援を無駄にせぬよう、歴史ある川の熊野詣でをこれからも守り、後世に伝えていくために努力を重ねたい」と感謝。田岡実千年市長も「川舟下りは新宮市の観光の大きな目玉。これからもこの新しい舟に多くの方を乗せ、新宮、熊野の良さを体感していただきたい」と述べた。
 現在、運航に必要な手続きを進めており、この舟に観光客が乗れるようになるのは6月下旬ごろからの見通しという。

関連記事

長野日報社

壁に花を ハンギングバスケットづくり講習会

 長野県伊那市の伊那まちバラ咲く街角連絡協議会は19日、バラ以外の草花で壁掛け式の「ハンギングバスケット」をつくる講習会を同市荒井のセントラルパークで開いた。市内の生花店「サンスイ」から講師を...

国府小で大葉農家と給食

 豊川市立国府小学校(山本茂樹校長)で19日、JAひまわりの大葉農家らとの会食会が行われた。児童は豊川産の大葉が献立に入った給食を食べながら、地産地消について学んだ。  給食で出たのは、大葉が入っ...

荘内日報社

庄内沖震源 鶴岡で震度6弱

 18日午後10時22分ごろ、鶴岡市で震度6弱の地震があった。気象庁によると、震源地は庄内沖(酒田の南西50キロ付近)で、震源の深さは14キロ、地震の規模はマグニチュード(M)6・7。新潟県村上市で震度6強、鶴...

紀伊民報社

東京五輪で梅干し提供へ 「JGAP」認証取得

 和歌山県紀南の梅農家有志でつくる「JA紀南GAP・HACCP梅生産研究会」(石神泰会長)は、適切に管理する農場に与えられる「JGAP(ジェイギャップ)」認証を取得した。食の安全や環境保全への取...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク