全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

「川の参詣道」に新たな舟

新たに製作した川舟の進水式で、舟にお神酒をかける田岡実千年新宮市長(24日、三重県紀宝町で)

 「川の参詣道」として世界遺産に登録されている熊野川を下る川舟が新たに製作され、24日に進水式があった。これまで使ってきた舟が老朽化する中、川舟を運航する新宮市の一般財団法人「熊野川町ふれあい公社」が、インターネットで資金を募るクラウドファンディング(CF)を活用して製作した。来月下旬から利用を始める予定。
 川舟下りは、道の駅「瀞峡(どろきょう)街道熊野川」(和歌山県新宮市熊野川町田長)そばの河原から、熊野速玉大社(同市新宮)近くの河原までの約16キロを川舟に乗って下る観光体験事業。世界遺産登録を機に2005年から始まった。
 CFは、紀伊半島大水害(2011年)で事務所が流失するなどの被害を受け、更新が必要な川舟の製作費や船外機の購入費を負担する余裕がないとして、昨年12月3日から今年1月31日まで取り組んだ。その結果、目標金額(200万円)を上回る244万2千円が、142人から寄せられたという。
 達成後、ふれあい公社が、熊野速玉大社の例大祭を締めくくる神事「御船祭」で使われる早船も手掛ける船大工の谷上嘉一さん(77)=三重県紀宝町=に製作を依頼。熊野産のスギやヒノキなどを使い、約2カ月がかりで、長さ約8・7メートル、幅約1・8メートルの舟(定員14人)が完成した。舟の名称は、これまであった「速玉」を引き継ぐ。
 熊野川の河原であった進水式では、公社熊野川川舟センターの森本博也センター長(63)が「皆さまのご支援を無駄にせぬよう、歴史ある川の熊野詣でをこれからも守り、後世に伝えていくために努力を重ねたい」と感謝。田岡実千年市長も「川舟下りは新宮市の観光の大きな目玉。これからもこの新しい舟に多くの方を乗せ、新宮、熊野の良さを体感していただきたい」と述べた。
 現在、運航に必要な手続きを進めており、この舟に観光客が乗れるようになるのは6月下旬ごろからの見通しという。

関連記事

紀伊民報社

椿温泉湯治体操が完成

 和歌山県白浜町椿にある旅館「しらさぎ」で20日、「椿温泉湯治体操」のお披露目会があった。体操を開発した健康運動指導士の寺田尊紀さん(44)=和歌山市=は「全世代の誰もができる、気持ちから元気に...

荘内日報社

「キッチンカー」人気!! 大型店やイベント出店依頼 コロナ禍 機動力ある販売..

 移動販売の「キッチンカー」が庄内で増えている。コロナ禍となった2020年から昨年までの2年間で新たに23台が庄内保健所に登録した。大型店からオファーを受けるケースのほか、市や町が主催するイベントに「来て...

「スロウ」直営店27日に開店 帯広のソーゴー印刷

 ソーゴー印刷(帯広市、高原淳社長)は27日、同社が発行する雑誌「ノーザンスタイルスタジオ・スロウ」で紹介してきた、管内外のこだわり商品などを集めた初の直営店「SLOW living(スロウリビン...

宇部日報社

たんぼラグビー、泥しぶきを上げてダッシュ 山口市

 第1回たんぼラグビーは21日、山口市吉敷佐畑1丁目の水田であり、小学生から大学生までの50人が全身泥だらけになりながらトライを目指した。2015年に京都府で発祥したとされるラグビーで、県内では...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク