全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

「ハピまん」2万個販売 チーズ伸びて大ヒット 音更

 JA木野(清都善章組合長)の子会社が運営するスーパー「ハピオ」(音更町木野大通西7、石田晴久店長)が4月から販売している、チーズまんじゅう「ハピまんチーズ」の売れ行きが好調だ。これまでに2万個を販売し、空前のヒット商品となっている。

これまでに2万個を販売。売り上げ好調の「ハピまんチーズ」(ハピオ)

 ハピまんチーズは、十勝産のモッツァレラチーズやオランダなどヨーロッパのゴーダチーズなどをブレンドしたチーズを、十勝産小麦の皮で包んだオリジナル商品。東洋食肉販売十勝事業部(帯広)と共同開発した。

 同店のプライベートブランド(PB)「HAPIO FOODS(ハピオフーズ)」の第2弾として4月4日に販売を始めた。1個298円。初日から4日間で2000個を売り上げて好スタートを切り、その後も堅調な販売が続いている。1日で1000個以上を販売したこともあり、夕方に商品が底をつく日も。20~30個をまとめ買いする人もいた。

 月別の売り上げは4月が8000個、5月が1万2000個(22日現在)。1日の製造個数が限られているため、現在は1人5個の限定販売となっている。

 ほんのり甘い皮の味と、伸びてこくがあるチーズの食感と風味が特徴。冷凍で販売しており、電子レンジで温めて食べる手軽さも人気の要因になっている。

 同店によると、卵や牛乳などの特売品を除くと、通常価格の単体商品で2万個規模を販売するのは過去に例がない。爆発的な売れ行きに、開発に当たった同店企画課の赤間宏課長は「予想以上の人気に驚いている。ハピまんチーズだけを求めて来店する買い物客もおり、ハピオのブランド化に貢献している。ありがたいこと」と手応えを話している。

関連記事

「納涼ビール電車」14日から運行

 豊橋の夏の風物詩「納涼ビール電車」(路面電車)が14日、豊橋鉄道の市内線で今季の運行を始める。冷たい生ビールを飲みながら、車窓からの街並みを眺められる。  今年で27周年を迎え、駅前電停から運動公園...

平松食品が「PHラボ」3信金などのファンド活用

東三河4高校と共同開発した商品販売   魚介類の佃煮などの製造販売業者・平松食品(豊橋市梅藪町、平松賢介社長)は11日、東三河の県立高校4校が開発した商品の販売などを手がける「プロフェッショナル・...

十勝牛とろ丼 まんパク 3連覇

 3日まで東京都内で開かれた日本最大級の食のイベント「満腹博覧会(まんパク)2019」で、十勝スロウフード(清水町御影、藤田惠社長)が出品した「十勝牛とろ丼」が人気グルメランキングで3年連続の...

長野日報社

安心でおいしいレタス 長谷中学校生徒が有機無農薬栽培

長野県伊那市の長谷中学校と同校の野菜作りなどを支援する「南アルプス山麓地域振興プロジェクト推進協議会」は8日、同市の道の駅・南アルプスむら長谷で、生徒が有機無農薬で栽培したレタス約100個を販...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク