全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

「ハピまん」2万個販売 チーズ伸びて大ヒット 音更

 JA木野(清都善章組合長)の子会社が運営するスーパー「ハピオ」(音更町木野大通西7、石田晴久店長)が4月から販売している、チーズまんじゅう「ハピまんチーズ」の売れ行きが好調だ。これまでに2万個を販売し、空前のヒット商品となっている。

これまでに2万個を販売。売り上げ好調の「ハピまんチーズ」(ハピオ)

 ハピまんチーズは、十勝産のモッツァレラチーズやオランダなどヨーロッパのゴーダチーズなどをブレンドしたチーズを、十勝産小麦の皮で包んだオリジナル商品。東洋食肉販売十勝事業部(帯広)と共同開発した。

 同店のプライベートブランド(PB)「HAPIO FOODS(ハピオフーズ)」の第2弾として4月4日に販売を始めた。1個298円。初日から4日間で2000個を売り上げて好スタートを切り、その後も堅調な販売が続いている。1日で1000個以上を販売したこともあり、夕方に商品が底をつく日も。20~30個をまとめ買いする人もいた。

 月別の売り上げは4月が8000個、5月が1万2000個(22日現在)。1日の製造個数が限られているため、現在は1人5個の限定販売となっている。

 ほんのり甘い皮の味と、伸びてこくがあるチーズの食感と風味が特徴。冷凍で販売しており、電子レンジで温めて食べる手軽さも人気の要因になっている。

 同店によると、卵や牛乳などの特売品を除くと、通常価格の単体商品で2万個規模を販売するのは過去に例がない。爆発的な売れ行きに、開発に当たった同店企画課の赤間宏課長は「予想以上の人気に驚いている。ハピまんチーズだけを求めて来店する買い物客もおり、ハピオのブランド化に貢献している。ありがたいこと」と手応えを話している。

関連記事

第4弾は乾麺パスタ 資源循環型プロジェクト 十勝

 ばんえい十勝を核とした資源循環型プロジェクト「ばん馬toきのこto小麦の環」協議会(三浦尚史代表)は、第4弾となる新製品「うまいっしゅパスタ」を開発し、23日から満寿屋商店(帯広市)の管内6店で...

陸別産オウギ葉のお茶好評 薬用植物事業商品化第2弾

 昨年12月に「高麗人参飴(あめ)」の販売を開始した、陸別町の薬用植物栽培研究事業による商品化の第2弾が完成した。町産のキバナオウギの葉を使ったお茶で、1月から販売を開始した。  オウギの葉...

白花豆カレー味わって 帯広農業高生が開発

 帯広農業高校の生徒たちが、浦幌町の高級菜豆「白花豆」を使ったレトルトカレー「白花豆ごろっと白カレー」を開発、JAうらほろが商品化した。しっかりとした食感と甘みが特徴で、29日にとかち物産センター...

荘内日報社

第1回鶴岡№1次世代料理人決定戦

 鶴岡市内の若手料理人を対象としたコンペティション「第1回鶴岡№1次世代料理人決定戦」が18日、同市のグランドエル・サンで行われ、初代グランプリの栄誉に日本料理店「庄内ざっこ」の齋藤翔太さん(36)が輝い...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク