全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

霧ケ峰に観光シーズン到来 開山祭で安全祈願

今シーズンの安全やにぎわいを願った霧ケ峰開山祭

 霧ケ峰に観光シーズンの到来を告げる霧ケ峰開山祭が23日、諏訪市郊外の蛙原に建つ霧鐘塔前で行われた。主催する諏訪観光協会と霧ケ峰強清水自治会の関係者のほか、地権者の牧野組合などを含め約80人が参加。シーズン中の安全やにぎわいを祈願した。

 昨年までの5月下旬の土曜日開催から、初めて平日に移した。牛乳やてんぷらなど観光客への振る舞いが近年行われていない上、週末は周辺の観光施設が忙しいため、今年から平日に変えた。

 安全祈願の神事に続き、諏訪観光協会の佐久秀幸会長は「雄大な霧ケ峰は誇り。この素晴らしい観光地を皆さんと力を合わせて守り、発展させたい」とあいさつした。市は強清水の市有地に立つ旧信濃山荘の解体工事を進めている。老朽化して周囲の景観を損ねていると指摘されてきた建物で、強清水自治会の有賀義晃会長は「解体後にどんな景色になるかが楽しみ」と述べた。市によると、6月末には更地になる予定。

 神事前には法政大学体育会航空部OB会によるグライダー滑空が彩りを添えた。好天に恵まれ、ハイカーらが八ケ岳連峰や南アルプスの眺望を楽しんだ。

 県霧ケ峰自然保護センターによると、高原を代表するレンゲツツジは例年より遅れ気味になる予想。天候によるが、見頃は6月中下旬になりそうだ。

 市によると、2018年に霧ケ峰を訪れた観光客数は約225万人で前年とほぼ同じだった。

関連記事

奄美、沖縄合同で西表島視察 自然との共生へこども環境調査隊 

 鹿児島県奄美市内の小中学生6人で結成した「奄美こども環境調査隊」(奄美市教育委員会、南海日日新聞社主催)の沖縄県西表島視察が22日、始まった。初日は干潟の生き物を観察したほか、人と自然の共生に...

荘内日報社

山形大農学部2年生と研究生 就職、定住へ鶴岡の産業学ぶ

 山形大農学部の2年生と研究生を対象にした企業見学会が22日、鶴岡市内の2企業で行われ、学生たちが就学地の産業に理解を深めた。  学生たちに同市の産業の特色や企業活動への関心を高めてもらおうと昨年に...

紀伊民報社

ジオパークセンターが完成

 紀南に広がる貴重な地質遺産の情報を発信する「南紀熊野ジオパークセンター」が、和歌山県串本町潮岬の潮岬観光タワー隣接地に完成した。27日正午にオープンする。  県が約7億4千万円をかけて建設し...

帯広メロン味わって 大玉「プレミアム」登場 出荷開始

 帯広と芽室の農家6戸が栽培している「帯広メロン」の出荷が23日、始まった。販売元のキサキ糧穀(帯広市愛国町)に約300玉が集まり、箱詰めして小売店や贈答用に発送された。  マスクメロンの帯...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク