全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

地元産で「甘夏」シャーベット

 田原市内で盛んに生産されている「甘夏」を使ったシャーベットを、同市蔵王山展望台の蔵王パノラマカフェが25日から売り出す。価格300円(税込み)で、限定約1000食、9月中旬頃までの販売を見込む。  シャーベットに使うのは蔵王山のふもとで収穫された甘夏。今までは期間限定で甘夏のフレッシュジュースとスムージーを販売してきたが、今年は特にジューシーで甘味がのった甘夏が獲れたため、夏の暑い時期にも楽しんでもらおうと新たにシャーベットの開発にも挑戦したという。  絞った果汁に砂糖と水あめなどで甘さを加え、シンプルに仕上げた一品。一食あたり80㌘で果汁は約40%。「本来の苦み、酸味をしっかり感じられ、後味もすっきりなさわやかなシャーベットになった。旬の甘夏の味をぜひ楽しんでほしい」とカフェ担当の近藤淳彦さん(54)。  カフェの営業時間は午前10時~午後4時。火曜定休。

関連記事

ワイン城再開を記念 町民用ブランデー発売 池田

 池田町ブドウ・ブドウ酒研究所は3月31日、ワイン城のリニューアルオープン(4月26日)記念事業の一環で、町民還元用の十勝ブランデー「Genteel(ジェンティール)V・S・O・P」(700ミ...

蒲郡で樹熟デコポン収穫始まる

 蒲郡市内で、かんきつ果物デコポンを結実させたまま完熟させる「樹熟(きじゅく)デコポン」の収穫が始まった。生産農家は「果汁たっぷりで大玉に育った。食べて満足できます」と出来栄えを語った。2日...

第4弾は乾麺パスタ 資源循環型プロジェクト 十勝

 ばんえい十勝を核とした資源循環型プロジェクト「ばん馬toきのこto小麦の環」協議会(三浦尚史代表)は、第4弾となる新製品「うまいっしゅパスタ」を開発し、23日から満寿屋商店(帯広市)の管内6店で...

陸別産オウギ葉のお茶好評 薬用植物事業商品化第2弾

 昨年12月に「高麗人参飴(あめ)」の販売を開始した、陸別町の薬用植物栽培研究事業による商品化の第2弾が完成した。町産のキバナオウギの葉を使ったお茶で、1月から販売を開始した。  オウギの葉...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク