全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

地元産で「甘夏」シャーベット

 田原市内で盛んに生産されている「甘夏」を使ったシャーベットを、同市蔵王山展望台の蔵王パノラマカフェが25日から売り出す。価格300円(税込み)で、限定約1000食、9月中旬頃までの販売を見込む。  シャーベットに使うのは蔵王山のふもとで収穫された甘夏。今までは期間限定で甘夏のフレッシュジュースとスムージーを販売してきたが、今年は特にジューシーで甘味がのった甘夏が獲れたため、夏の暑い時期にも楽しんでもらおうと新たにシャーベットの開発にも挑戦したという。  絞った果汁に砂糖と水あめなどで甘さを加え、シンプルに仕上げた一品。一食あたり80㌘で果汁は約40%。「本来の苦み、酸味をしっかり感じられ、後味もすっきりなさわやかなシャーベットになった。旬の甘夏の味をぜひ楽しんでほしい」とカフェ担当の近藤淳彦さん(54)。  カフェの営業時間は午前10時~午後4時。火曜定休。

関連記事

「優しいあんこ」食べて十勝発信 なつぞら応援推進協

 NHK連続テレビ小説「なつぞら」応援推進協議会(梶原雅仁会長)は19日、ドラマの主題歌でスピッツの新曲「優しいあの子」の発売に合わせ、スイーツ王国・十勝の魅力を発信する「優しいあんこ」企画をスタ...

「納涼ビール電車」14日から運行

 豊橋の夏の風物詩「納涼ビール電車」(路面電車)が14日、豊橋鉄道の市内線で今季の運行を始める。冷たい生ビールを飲みながら、車窓からの街並みを眺められる。  今年で27周年を迎え、駅前電停から運動公園...

平松食品が「PHラボ」3信金などのファンド活用

東三河4高校と共同開発した商品販売   魚介類の佃煮などの製造販売業者・平松食品(豊橋市梅藪町、平松賢介社長)は11日、東三河の県立高校4校が開発した商品の販売などを手がける「プロフェッショナル・...

十勝牛とろ丼 まんパク 3連覇

 3日まで東京都内で開かれた日本最大級の食のイベント「満腹博覧会(まんパク)2019」で、十勝スロウフード(清水町御影、藤田惠社長)が出品した「十勝牛とろ丼」が人気グルメランキングで3年連続の...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク