全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

日沿道酒田みなと―遊佐比子間 5.5㌔20年度まで開通

 国土交通省酒田河川国道事務所は23日、建設中の日本海沿岸東北自動車道(日沿道)酒田みなと―遊佐間12㌔のうち、酒田みなとインターチェンジ(IC)―遊佐比子IC(仮称)間5・5㌔について、2020年度までに開通すると発表した。日沿道が秋田県境側に向かって北に延伸する形となり、遊佐町に高速道路が達する。

 酒田みなと―遊佐間は2009年度に新規事業化され、国交省が現在、建設工事を本格化させている。全体事業費約310億円。17年度末の事業費ベースの進捗(しんちょく)率は約44%、用地買収の進捗率は約93%。インターチェンジ(いずれも仮称)は「遊佐比子」「遊佐十里塚」「遊佐鳥海」が設けられる。設計速度80㌔の2車線で、開通後は無料区間となる予定。

 建設は酒田みなとICから遊佐比子ICにかけて集中的に行われ、日向川橋の建設や県道や市道を横断する橋の工事、藤塚地区などで改良工事が進められている。遊佐比子ICは酒田方面との間での乗り降りのハーフインターとなる。本年度は国の当初予算に50億3000万円が盛り込まれた。

 酒田みなと―遊佐比子間が開通すれば、重要港湾・酒田港を核とした物流の活性化、観光振興、救急搬送エリア拡大などへの効果が期待される。

日沿道酒田みなと―遊佐間の工事状況図(国交省酒田河川国道事務所ホームページより)

           

関連記事

豊川特別支援学校と宝陵高校が作業交流

 豊川市大木町の県立豊川特別支援学校本宮校舎(藤井毅校長)の生徒は18日、校舎が併設されている宝陵高校(鈴木眞成校長)の生徒らと作業学習で交流した。  本宮校舎の高等部2、3年から26人、宝陵高校福...

荘内日報社

税負担など公益大生と対話

 自民党の「財政構造のあり方検討小委員会」(委員長・小渕優子元経済産業大臣)の衆院議員5人が17日、酒田市の東北公益文科大を訪れ、「財政に関する大学キャラバン」と題して、小渕委員長(45)=群馬5区=ら...

宇部日報社

地元企業の「ミズコシタロウ」が福島の発電所に採用

 宇部市中山の中村建設(中村廣義社長)の濁水処理装置「ミズコシタロウ」が、福島県いわき市勿来(なこそ)に建設が進む石炭ガス化複合発電(IGCC)設備を使った火力発電所の汚濁冷却水処理システムに採...

太田家に産声10人目 幕別の大家族

 幕別町で暮らす大家族、太田さん一家に10人目の赤ちゃんが誕生した。善之さん(40)=会社員=と裕美さん(39)夫妻の八男となる男児が13日午後3時7分に帯広市内の慶愛病院で生まれ、一家は12人家...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク