全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

巨大な落石防護柵 地滑りの兆候で対策

山の斜面に設置された巨石の落下を防護する柵(田辺市上秋津で)

 地滑りの兆候が確認されている和歌山県田辺市上秋津の奇絶峡に、高さ5・5メートル、延長約150メートルの落石防護柵が設置された。柵の上60メートルの所にある直径約3メートルの巨石が転落しても止められるのに十分な強度があるという。

 和歌山森林管理署(田辺市新庄町)が民有林直轄治山事業として設置した。2014年に広島県であった土砂災害で使ったものの一部を再利用している。
 ネットは直径30センチのリングを組み合わせて伸縮性を持たせ、支柱にはちょうつがいのあるボルトを使って可動式にすることで、落石の衝撃を吸収する構造になっている。18年8月に着工して約4カ月で完成した。メンテナンスがしやすいように、長さ74メートルと73メートルの二つに分割して設置している。
 現場は、以前から土砂崩れの危険性があった谷。11年9月の紀伊半島大水害後、県が斜面を階段状に整備する途中で、斜面の一部が動いていることに気付いた。
 原因は滑り面に地下水がしみ込んでいるためで、放置すると、大規模な崩壊につながる可能性があるという。高度な対策が必要として16年度、県は林野庁に対策を要望。17年度から和歌山森林管理署が排水や地面強化などの対策を講じている。
 事業区域は22・5ヘクタール。防護柵が設置されているのは、斜面が動き、その影響で落石が起こっている場所。
 排水工事は、横方向の地下水路として80メートルのパイプ8本と58メートルのパイプ8本を打ち込んだ。19年度からは直径3・5メートルの集水井戸を30メートル以上掘削する予定。地面の補強では、4・5メートルのアンカーを打ち込んだり、ネットを張ったりしている。
 担当する増成直樹農林水産技官は「県と市と協力しながら22年度中の完成を目指している。工事と並行して調査も続けており、安全に作業を進めていく」と話している。

関連記事

長野日報社

夏休みの思い出を新聞に 長野日報社で親子体験

 長野日報社は17日、小学生と保護者を対象にした「夏休み思い出写真新聞づくり」を諏訪市高島3の本社で開いた。諏訪地方から8組の親子が参加。家族で訪れた海水浴や旅行の写真を持ち寄り、A3判の“オリ...

視覚障がい者自立支援協会「ビギン」10周年

 今年、設立10周年を迎えた、東三河視覚障がい者自立支援協会「ビギン」(服部めぐみ代表)は10月20日午後1時から3時半まで、豊橋市総合福祉センター「あいトピア」を会場に、「ビギン10周年記念式典」を開催す...

荘内日報社

地元役者 迫真の演技に拍手

 鶴岡市温海地域の戸沢地区に伝承されている「戸沢花胡蝶歌舞伎」の公演が16日、地元の戸沢自治公民館で行われた。地元住民ほか市内の児童館に通う小学生も観劇に訪れ、約70人の観客が地元役者の2時間にも及ぶ熱...

紀伊民報社

5日ぶりのにぎわい 台風一過の白良浜

 盆休み終盤の17日、台風一過で和歌山県白浜町の白良浜海水浴場は朝から、多くの海水浴客でにぎわった。台風接近により13~16日は遊泳禁止だったため、5日ぶりに真夏の光景に戻った。  白良浜ライ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク