全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

黄金色に輝く稲穂 超早場米の収穫始まる

コンバインを操り超早場米を収穫する山根政人さん=22日午前、新川平田原

 県内有数の米どころ石垣島で超早場米(1期米)の収穫が始まっている。石垣市新川平田原では22日午前、市内新川の水稲農家・山根政人さん(45)が黄金色に実った稲穂の収穫に汗を流していた。収穫した米は、31日から新米として市内スーパーなどの店頭に並ぶ。

 平田原と名蔵平地原の12・5㌶の水田で二毛作栽培をする山根さんは、2月2日から「ひとめぼれ」の苗を定植。山根さんによると、ことしは1~3月が暖かく、例年よりも収穫時期が10日ほど早まったという。

 日照の充足で生育も良く、ことしの収穫量は前年より10㌧多い約80㌧を見込み、「ことしの超早場米は今まで以上においしいひとめぼれになっている」と品質の高さをPRし自信を見せた。

 JAおきなわ八重山地区営農センターによると、今期の出荷量(玄米)は、石垣島産で700㌧、西表島産で150~170㌧を計画している。

関連記事

豊川特別支援学校と宝陵高校が作業交流

 豊川市大木町の県立豊川特別支援学校本宮校舎(藤井毅校長)の生徒は18日、校舎が併設されている宝陵高校(鈴木眞成校長)の生徒らと作業学習で交流した。  本宮校舎の高等部2、3年から26人、宝陵高校福...

荘内日報社

税負担など公益大生と対話

 自民党の「財政構造のあり方検討小委員会」(委員長・小渕優子元経済産業大臣)の衆院議員5人が17日、酒田市の東北公益文科大を訪れ、「財政に関する大学キャラバン」と題して、小渕委員長(45)=群馬5区=ら...

宇部日報社

地元企業の「ミズコシタロウ」が福島の発電所に採用

 宇部市中山の中村建設(中村廣義社長)の濁水処理装置「ミズコシタロウ」が、福島県いわき市勿来(なこそ)に建設が進む石炭ガス化複合発電(IGCC)設備を使った火力発電所の汚濁冷却水処理システムに採...

太田家に産声10人目 幕別の大家族

 幕別町で暮らす大家族、太田さん一家に10人目の赤ちゃんが誕生した。善之さん(40)=会社員=と裕美さん(39)夫妻の八男となる男児が13日午後3時7分に帯広市内の慶愛病院で生まれ、一家は12人家...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク