全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

豊橋で外食産業展が開幕

 食の祭典「第26回東三河外食産業展示会2019」(東愛知新聞社など後援)が22日、豊橋市神野新田町のホテルシーパレスリゾート室内テニス場を会場に始まった。外食関連の約120社がブースを出し、業務用食材、外食産業機器など食に関する多彩な商品を展示、紹介。多くの外食産業関係者らでにぎわった。23日も行われる。  東三河外食産業振興会(会長・中村誠孝中村青果社長)が主催。今回も「食から元気な街づくり」をスローガンに、食の安全、より最適なサービスに向け、新しい情報やアイデアを提供している。  食品をはじめ、厨房機器、酒などのメーカー、販売店が出展。和・洋食をはじめ、モーニングメニュー、スイーツ、こらからの季節の氷やアイスクリーム、調味料などを紹介している。  令和の新時代を迎え、ブースの配置も新たとなり、担当者が次々と訪れる来場者に新商品などの試食や試飲を勧めたり、実演、サンプルを見せながら紹介したりして、会場は活気にあふれていた。  同振興会の中村会長は「令和の時代になり、会場のレイアウトを一新。新しい商品や厨房機器などを紹介し、経営相談も受け付けているので、さまざまな提案を受けてもらえれば」と期待を込めて話した。

 今回も料理人が限られた予算で調理した「一皿料理コンテスト」を開催、改元を祝して「寿」をテーマに作られ、関係者が審査した。豊橋調理製菓専門学校の学生も作品を飾った。  東三河の喫茶文化「モーニングサービス」に関する展示もあり、メニューを紹介。「東三河モーニング街道」の加盟店を巡るスタンプラリーもPRした。

 会場の外では、豊橋ライオンズクラブ(瀧川長五郎会長)が来場者に献血の協力を呼び掛けた。  テントを開設、400㍉㍑献血を受け付けた。会員らが午前、午後に交代で訪れ、「献血をお願いします」と声を掛けた。協力した人たちは、受付を済ませ、献血車に乗り込んだ。  献血のほか、ドナーカード(臓器提供意思表示)に関する啓発活動も実施した。  外食産業展示会は23日もあり、午前10時から午後4時まで。

関連記事

紀伊民報社

集結!クジラ好き芸術家

 和歌山県太地町立くじらの博物館で21日、イルカやクジラを題材とした作品を手掛ける20組の「クジラ好きアーティスト」が全国各地から集まった作品展が始まった。「くじらまみれ」と題した催しで、アーテ...

十勝産トウモロコシと生クリームのスープ 明治が販売

 明治(東京)は、十勝産のトウモロコシと生クリームを使った新商品「十勝産黄金のとうもろこしと生クリームで仕立てたコーンスープ」の販売を始めた。明治グループの日本罐詰(芽室)が製造、全国のスーパー...

戦争、テロなき世界を 国際平和の日で鐘打式

 「国際平和の日」の21日午後、新栄公園で平和祈念鐘打式(世界平和の鐘の会沖縄県支部主催)が行われ、参加者約20人が戦争やテロのない世界の実現を祈った。  式典は午後0時に始まり、参加者全員で1分...

長野日報社

アサギマダラ遠くまで飛んで 宮田村でマーキング講習

長野県宮田村は21日、長距離を旅するチョウとして知られるアサギマダラのマーキング講習を同村新田のアサギマダラの里で行った。村内の小学生ら10人ほどが参加。雨の中を飛んできたアサギマダラ1匹を捕ま...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク