全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

「酒田のうわさプロジェクト」本格的スタート

 10月にスタートする観光誘客事業「新潟県・庄内エリアデスティネーションキャンペーン(DC)」に向け、酒田の街を楽しい「うわさ」で埋め尽くす「酒田のうわさプロジェクト」が本格的に始まった。青森県八戸市在住のアーティスト、山本耕一郎さん(50)が各地の学生・生徒らと共に繰り広げているプロジェクトの一つ。酒田まつり当日の20日に初の活動が行われ、露店が並ぶ酒田市中心部の祭り会場に専用の屋台を出し、ユニークな「うわさ」が掲載された青色のバッジ「うわさバッジ」を道行く祭り客に無料配布した。

 同プロジェクトは、普段の生活の中では知り得ない「うわさ」を、人と人、人と店、人と街をつなぐコミュニケーションツールとして活用し、街中ににぎわいを創出するもの。「モノが捨てられないタチらしい」「ちょい悪おやじらしい」「財布をなくしたらしい」「懸賞マニアらしい」「転勤してきたばかりらしい」など、山本さんが考案した500余もの「うわさ」が吹き出し調に書かれた「うわさバッジ」を着用し街中を歩いたり、店先に掲示することで、親近感が湧いて会話が弾んだり、店に入るきっかけになるという。これまで地元・八戸市のほか、遠くは鹿児島県内でも実施している。

 山本さんと共に酒田でのプロジェクトを推進するのは、東北公益文科大の学生による観光ボランティア団体「酒田おもてなし隊」の隊員、酒田南高観光・地域創生専攻の生徒合わせて約40人。昨年暮れからこれまで勉強会を重ね今月上旬の大型連休中、一堂に集まって「うわさバッジ」とともに、PR用の看板やのぼり旗、これらを搭載するための「うわさ屋台」を制作した。

 おもてなし隊副隊長の芦野秀樹さん(3年)によると、今回の活動は、DCに向けてまずはプロジェクトを知ってもらうことが目的という。にぎわいを見せる中町中和会の駐車場内に「うわさ屋台」を持ち込み、午前10時からバッジの配布を開始。隊員・生徒の呼び込みの声に大勢が立ち寄り、「私は『1日1万歩を日課にしているらしい』だ」と着用したまま歩きだす男性、「私はこれかな」と話し「貯金がどんどん減っているらしい」と書かれたバッジを受け取る女性らの姿も見られた。

 同プロジェクトは今後、「○○の店長は釣りがかなり得意らしい」「○○のプリンは作り方に秘密があるらしい」といった、市内の店舗、店主に関する楽しい「うわさ」を広く募集、厳選した上でDCに合わせて店先に掲示するという。山本さんは「インバウンドに対応するため今後、英語の『うわさバッジ』も制作したい」と話した。

 おもてなし隊、酒田南高は現在、うわさプロジェクトの運営に携わるボランティアスタッフも募集している。年齢や性別、出身地は問わない。問い合わせ、うわさ情報提供などは電子メールで酒田おもてなし隊=sakataomotenasi@gmail.com=へ。

「酒田のうわさプロジェクト」が本格始動。屋台の周辺には大勢が集まり、「○○らしい」と書かれた自らの「うわさ」を探索=20日午前

関連記事

長野日報社

国道伊南バイパス、リニア県駅まで延伸 期成同盟会設立へ

 飯島町、中川村と下伊那郡松川町、高森町は7月10日、国道153号伊南バイパスを飯田市に設置されるリニア中央新幹線の県駅まで延伸させることを目指し、「国道153号下市田・本郷間改良促進期成同盟会...

豊川特別支援学校と宝陵高校が作業交流

 豊川市大木町の県立豊川特別支援学校本宮校舎(藤井毅校長)の生徒は18日、校舎が併設されている宝陵高校(鈴木眞成校長)の生徒らと作業学習で交流した。  本宮校舎の高等部2、3年から26人、宝陵高校福...

荘内日報社

税負担など公益大生と対話

 自民党の「財政構造のあり方検討小委員会」(委員長・小渕優子元経済産業大臣)の衆院議員5人が17日、酒田市の東北公益文科大を訪れ、「財政に関する大学キャラバン」と題して、小渕委員長(45)=群馬5区=ら...

宇部日報社

地元企業の「ミズコシタロウ」が福島の発電所に採用

 宇部市中山の中村建設(中村廣義社長)の濁水処理装置「ミズコシタロウ」が、福島県いわき市勿来(なこそ)に建設が進む石炭ガス化複合発電(IGCC)設備を使った火力発電所の汚濁冷却水処理システムに採...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク