全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

防災拠点の機能も、小郡地域交流センター完成

完成した小郡地域交流センター

 山口市が老朽化に伴い建て替えを進めていた小郡地域交流センター(小郡下郷)が完成した。耐震化したことで地域の防災拠点としての機能を新たに備えた。市は残る外構工事と旧センターからの引っ越し作業を26日までに終え、27日に利用を始める。    新センターは小郡総合支所の隣接地に建設。建物は鉄筋コンクリート2階建てで、延べ床面積は約2000平方㍍。    災害避難時に使用するシャワー室や授乳室、多目的トイレ、エレベーターなどを新たに整備し、高齢者や要支援者も活用しやすい施設へと生まれ変わった。    1階は行政事務室や地域づくり協議会などが入る団体事務室、調理室、和室などを配置し、2階には約345平方㍍の大ホールなどを備えた。総事業費は約10億5200万円。    7月から旧センターの解体工事に着手し、90台分の駐車場の整備を進める。建て替えにより仮移転している小郡総合支所資源物ステーションは、新センター裏側に来年度にも再整備する方針。    市協働推進課によると、これで市内の地域交流センター(21施設)と同分館(8施設)を合わせた29施設のうち、22施設で耐震工事が完了した。残りの7施設についても2022年度中に耐震化する予定。8月に佐山地域交流センター、12月に二島地域交流センターが利用開始予定。

関連記事

長野日報社

宮坂製糸シルク工房の会 農林水産大臣賞受賞 長野県

長野県岡谷市郷田の宮坂製糸所が取りまとめる蚕糸絹業提携グループ「宮坂製糸シルク工房の会」が、第10回蚕糸絹業提携確立技術・経営コンクール(一般財団法人大日本蚕糸会主催)で最高賞の農林水産大臣賞...

雨の中、キビ手刈り ぬかるみでハーベスター入れず 石糖など関係6団体

 5月に入ってからの長雨の影響で畑がぬかるみ、ハーベスターが入れずサトウキビの刈り取り作業が大幅に遅れる中、石垣島製糖工場やJAおきなわ、石垣市など6団体の職員ら約20人が雨の降り続くほ場で手刈り...

長野日報社

特産「赤いルバーブ」 新施設で集出荷開始 長野県富士見町

長野県富士見町ルバーブ生産組合は23日、インターネット販売の注文者に向け、町特産野菜「赤いルバーブ」の集出荷を始めた。今季は町中心部の富士見区内に新たな集荷所を開設。同日は開所式を行い、さらな...

紀伊民報社

椿温泉湯治体操が完成

 和歌山県白浜町椿にある旅館「しらさぎ」で20日、「椿温泉湯治体操」のお披露目会があった。体操を開発した健康運動指導士の寺田尊紀さん(44)=和歌山市=は「全世代の誰もができる、気持ちから元気に...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク